延岡市土々呂町で、原点回帰のトーク&ライブが決まりましたー!

3月16日(金) 宮崎県延岡市土々呂町で、原点回帰のトーク&ライブが決まりましたー!


続きを読む…

東京に行きます!!

昨日ご紹介しました、メッセンジャーのHPアドレスが携帯からは開けませんでした。今は開けるようになり、ボタンも押せるようになりましたので、携帯からもぜひ、アクセスしてみてくださいね。


続きを読む…

巷によくある”闘病もの”とは一線を画した内容

日刊サイゾーさんが、自伝『命はそんなにやわじゃない』を「巷によくある”闘病もの”とは一線を画した内容」と紹介してくれました!


続きを読む…

36号「末期がんからの生還者特集」

vol36表紙-2[1]

【36号】
最新号、メッセンジャー36号は、「それは決して奇跡ではなかった」。末期がんからの生還者特集です!48ページ。5人の末期がん生還者、医師が迫力で伝えます。最短は余命20日から復活した方です。彼らに起きたこと、それは奇跡ではなかったと、実感できるはずです。かれらの共通項にも迫っていきます。愛と、勇気と、迫力満点の元気の1冊!

☆登場人物☆
「余命20日からの生還 ~父は悪性リンパ腫末期から復活した~」の竹内アキコさん。「退路を断ち、「治す」と決断ができるか ~スキルス性胃がん、余命5ヶ月から15年~」の松尾倶子(まつおともこ)さん。「人間は本来、健やかな存在である ~みかどクリニック院長~ 」の医師・三角大慈(みすみたいじ)さん。「大丈夫。すべてはうまくいっている ~胆管細胞がん、余命5ヶ月から~」の桐谷芳恵さん。「がんを明るく生きる ~前立腺がん末期、余命3ヶ月から15年~」の伊藤 勇さん。コーナー「想いは繋がっていく」では、「力を抜いて、穏やかに流れるように ~末期胃がんから5年、新たな危機を乗り越えて~」の射場恵美子さん。白血病を乗り越えアジア1年間の旅に出る」のゆう。その他、連載も充実!


続きを読む…

がんサバイバーホノルルマラソンツアー2012 開催決定!

先日お伝えした、サイン付きの自伝『命はそんなにやわじゃない』の注文のページに不具合がありました。申し訳ありませんでした。


続きを読む…

才能がないことが、努力を生みます。

2月11日(土)、宮崎でシークレットのミニトーク&ライブをするのですが、5名限定で枠ができることになりました。


続きを読む…

詩人せいちゃんとの再会

1月25日に岡崎市内で引っ越しをして、ようやく落ち着いてきました。


続きを読む…