「第2回がんサバイバーホノルルマラソンツアー2011特集」

今日は一日、実家に行ってました。

娘のいぶきは昼寝していたため、そのままお泊り。

なんだか、静かで、ちょっぴり寂しいです~。

いつもならこの時間は、公園で遊んでる時間だ~。

今日はゆっくり仕事します。
さてさて、
メッセンジャー最新号の38号のご紹介。
「第2回がんサバイバーホノルルマラソンツアー2011特集」 http://www.taka-messenger.com/

 

これまでより4ページ増量して52ページ。1冊300円、6回分定期購読2500円(送料、通信込)

第1回ツアーに続き、53名、全員完走、全員完笑のがんサバイバーホノルルマラソンツアー2011。

 

口々に伝えてくれたのは、

 

「走れるほどに元気なったのではなく、走ったから元気になった。チームだったからこそ、完走できた!」

 

☆登場人物☆

 1、「ホノルルで手にした宝物 ~卵巣がんサバイバー~」の太田絵理さん。

2010年のがんサバイバーホノルルマラソンツアーから、がんサバイバーの姿に勇気をもらい、卵巣がん再発の治療中にホノルルマラソン参加を決意する。

 

2、「75歳のホノルルマラソン挑戦記 ~胃がん、肝臓がんサバイバー~」の庭木利秀さん。

肺結核、C型肝炎、胃がん、肝硬変、肝臓がん、肝臓がん再発・・・過去の多くの出来事があったから、ホノルルの舞台で最高の感動と喜びを感じることができた。

3、「肉体を超えた存在として ~ホロス松戸クリニック院長~」の医師・村上信行さん。

2011年の第2回がんサバイバーホノルルマラソンツアーに、唯一ドクターとして参加してくれた村上信行先生。病気を部分として捉えるのではなく、人間全体として診るホリスティック医学を理念とする村上先生が、ホノルルマラソンで躍動したがんサバイバーたちをどう見たのか。

 

4、「Ray of Hope ~胃がんサバイバー~」の木村俊哉さん。

迷いながら生きていい。すべてにかけがえのない意味がある。胃がん手術から3ヶ月でホノルルマラソンの舞台に。スタートラインに立ったその想いとは・・・。

5、「走ったから本当に元気になった ~皮膚がん、甲状腺がんサバイバー~」の神崎勝彦さん。

皮膚がん、甲状腺がんを立て続けに宣告されるも、人間の自然治癒力を信じ、アクティブに動くことで、がん治癒を目指す。

6「奇跡とつながりの連鎖の中で ~サポーターとしてのホノルルマラソン~」の岩崎洋右さん。

がん患者会の代表、そして理学療法士として、がんサバイバーをサポート。自らも膝に故障を抱えながらの出場であったが、様々な奇跡の連続で、ホノルル前に膝が治癒。ホノルルマラソンツアー、全員完走の功労者の一人。

 

7、みんなで共にゴール&仲間との輪っか」の上田真由美&若渚(うえだまゆみ&わかな)さん。

チーム最年少出場の上田若渚ちゃんと、お母さんの真由美さん。小学6年生で全盲の歌姫、若渚ちゃんの想い。そして、若渚ちゃんを見守ったお母さんの思い。

8、「人生は遊び場 ~半年前は車椅子だった~」の夏海花澄(なつみかすみ)さん。

今年高校生になった遊(ゆう)の結節性硬化症という進行性の難病は、臓器に良性腫瘍を増殖させてしまう病気で、生まれたときから脳、両眼底、心臓、腎臓などに腫瘍があり、さらに顔面の血管腫、皮膚の白班、てんかん、知的障害などと共生共存しています。2011年3月は車椅子だった遊がなんと、ホノルルマラソンに参加!

 

白血病を乗り越えアジア1年間の旅に出る」の大野祐輝さん。心理カウンセラー・小松宇瑠さん、など、連載も充実!新連載は、杉浦貴之編集長の妻、杉浦亜紗比。

 

渾身の1冊、エネルギーがあふれています。

 

ここからです~~!

http://www.taka-messenger.com/

 

命はそんなにやわじゃない/杉浦 貴之

http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X

¥1,470 Amazon.co.jp

●○●○●○●○●○●

杉浦貴之、その他直近のトーク&ライブ16日宮崎県日向市、17日大分県大分市、30日大阪府堺市、詳細はこちら!

http://www.taka-messenger.com/event

 

●○●○●○●○●○●

メッセンジャーはここからゲットできます。1冊300円 定期購読は送料、通信込み2500円(3ヶ月に1回発行)

http://www.taka-messenger.com

●○●○●○●○●○●○●○

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください。「杉浦貴之・命はやわじゃない!」

00553107s@merumo.ne.jp

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね