【怖いものは、怖いんだから、仕方がない。これでいいのだ】

384621_10150538088677316_1890785706_n

杉浦貴之です。いつもありがとうございます。

【怖いものは、怖いんだから、仕方がない。これでいいのだ】

今日は、メッセンジャー最新号(48号)の発送作業でした!今日で約2000冊飛び立ちました!今号のテーマは「イメージの力が未来を変える」。

今回は2015年のがんサバイバーホノルルマラソン特集に加え、医師でヒプノセラピストの石原均先生、がんを経験した医師・坂下千瑞子先生に登場していただいています。

石原クリニックに隣接する喫茶去あうんにてお話を聞く

自分が回復するプロセスに欠かせなかったイメージの力。潜在意識の可能性、一冊に凝縮しています。

詳細 http://www.taka-messenger.com

13256105_1801808170047317_3966953110888098579_n

今号の『メッセンジャー』に出ていただいた、石原均先生とは、山部みっちゃんの紹介で出会い、昨年5月、みっちゃんとともに「リバースカフェ」を開催しました。

石原先生は、内科のドクターをしながら、ヒプノセラピストでもあります。


 

このときのことを少し書きます。

石原先生のお話は、自分の経過と重ねて、とても腑に落ちる内容でした。

まず、石原先生からこんな質問がありました。

「がんと聞いて最初にどんな印象を持ちますか?」

最初に湧き上がる、言葉、反応、感情ですね。

みなさんの答えは、「分身」「自分の一部」「メッセージ」などなど。

自分も、もちろん、「自分の一部」「サイン」「メッセージ」などいろんな言葉が湧いてきました。

 

でも・・・

自分がいちばん最初に思い浮かんだのは、

【怖い】でした。

怖いものは、怖いのだから、仕方がない。

超ポジティブな言葉で、その感情がなかったかのようにしてしまうのか。

もがいて、もがいて【怖い】という感情と闘うのか。

今でも湧いてくる【怖い】という感情。

自分はそれでいいと思っています。

蓋をするのでも、闘うのでもなく、寄り添ってあげています。

「わかるよ、怖いんだな~」と。

嫉妬したときも、落ち込んだときも、怒りが湧いたときも・・・。

【怖い】というのは、ただの反応だと思っています。

【怖い】に善悪のジャッジを加えるのは人の観念ですよね。

【熱い】とか【冷たい】と同じ。

【怖い】という反応が凝り固まり、【恐怖】という感情になったときに、心や体に影響を与えていくのだと思います。

人間には思い直す力があります。

 

「確かに怖いよ。でもさ」って。

でもさ、でもさ。

【怖い】けど、なんとかなる。今まで何とかなってきたんじゃないか。

自分には乗り越える力があるんじゃないか。乗り越えてきたんじゃないか。

【怖い】けど、よく考えたら大丈夫。これまでも大丈夫だったし、これからも大丈夫だよね。

【怖い】【辛い】【うらやましい】などの反応が起きたときには、そんな自分を否定せず、寄り添ってあげて、思い直してみる。

思い直してみたら、よく考えてみたら、いろんなものが見えてきます。

また、なぜ【怖い】のかを観てみる。

石原先生曰く、

「幼少期からのプログラミングであったり、信頼している人から植え付けられた話であったりしますね。湧き上がってきた感情を観察することも大切です。湧き上がってきた感情を観察し、冷静に受けとめられたとき、その後の恐怖→交感神経緊張亢進→心身への悪影響(免疫力の低下、抑うつ状態)へ至る負の連鎖を止めることができます」

ただ自分は「病気が怖くない」となるまでにはまだ成長が必要だなあと思います。

負のスパイラルに入らないようにすればいいのだ!


 

原先生から「がんが一番好きなものは何ですか?」の問いかけがありました。

「不安、恐れ、自責、恨み、ねたみ」だそうです。

そしてがんが嫌いなものは「愛」。

愛にも、渇愛と神の愛があって、神の愛は依存せずに、自分の中にある潜在意識との対話。

そしてそれは、なりたい自分をイメージ、「今ここ」に生きること。

そのイメージが潜在意識を作っていく。まさに自分への「愛」とのことです。

自分は病床で、ホノルルマラソンに出場することを、夜な夜なリアルに妄想、イメージしていました。あたかもそれが叶ったかのようにリアルに。

ゴールシーンでは本当に号泣していました。

あらためて、自分はこの「イメージ」を使ったことがよかったんだと思いました。

石原先生の言葉。

☆☆☆

必要なものを引き寄せ、なりたい自分を実現し、「今ここに」に生きる。

本来自分があるべき姿をイメージし、その状態になりきる。

これは、催眠療法のなかではGIFT(Goal Image Focusing Technique)の方法といいます。

繰り返し潜在意識の中にそのイメージが落とし込まれれば、潜在意識はそのイメージにしたがって、無意識のうちになりたい自分に向かって進んでいきます。☆☆☆

そんな石原均先生、山部みっちゃん、私のコラボイベントが、

7月18日 (月・祝)、岡崎市にて開催されます!ぜひぜひ、ご参加下さい。イベントページ

https://www.facebook.com/events/1111563542198058/「命の花、咲かせよう!」

ドクター石原均、がんサバイバー杉浦貴之、セラピスト山部☆三千代が、それぞれの『命の育て方』を伝えます。

本当の生きる力を引き出す方法とは?

【会 場】 むらさきかん第6活動室
(岡崎市東部地域交流センター) 12時半 受付 13時 より。

【住 所】 愛知県岡崎市藤川町田中19番地
名鉄名古屋本線「藤川」下車すぐ

【会 費】 前売1人3000円 ペアーでの申込5000円
(2名以上の申し込みの方は1人2500円)

『メッセンジャー』定期購読者2000円

当日 : 3500円 ※小中学生1500円(ペア料金の適用はありません)

【お申込み・問合せ】
http://kokucheese.com/event/index/391534/

デジカメ・パソコン教室 はじめの一歩 担当:仲間
愛知県岡崎市戸崎町榎ケ坪3-3 柴田ビル3階
TEL/0564-83-7957 電話予約

【主 催】 チームメッセンジャー岡崎、HOGU和楽々ヒーリングケアセンター

☆出演者プロフィール☆

(石原先生)
宇宙に夢を放して、天体や自然界の美しい写真を追い求めている。 医師でありながら、ヒプノセラピストとして人々の心と体ケア。内科・循環器内科医師、石原クリニック理事長。http://www.ishihara-clinic.jp/

(杉浦貴之)
岡崎市在住。1999年、28歳にして腎臓がん宣告。余命は「早くて半年、よくもって2年」。すでに16年が経過。2005年、命のマガジン「メッセンジャー」を創刊。2010~2015年がんサバイバーホノルルマラソン主宰。「奇跡体験アンビリーバ>ボー!」などに出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。
http://www.taka-messenger.com/

(山部☆三千代)
1997年からこころの隠れ家。誕生日をアートする新感覚の占い運術星の種創始者。「命の育て方授業」地球に来た役割、スターミッションをゲーム感覚でお伝えする。✿セラピールーム・アトリエ楽日堂✿
愛知県安城市福釜町 河原57-1 TEL:090-2570-7460
NFSH正会員・大和占星術.・運術 http://www.atorie-rakujitudou.net/
セラピー(ボディ&エネルギー)1回 2000円講演を聴きながらボディメンテナンスが受けられる

13:30 ~② 14:00 ~③ 14:30
15:00 ~⑤ 15:30 当日セラピストブースで受付です

『メッセンジャー』はこちら!詳細

http://www.taka-messenger.com

○●○

これからのトーク&ライブの日程です!一般参加可能なトーク&ライブをご紹介します。

各種イベント出演、ワンマンライブ、学校ライブ、講演、がん治っちゃったよ!全員集合!企画など、気軽にご相談ください。

また、開催地のご友人にぜひお知らせください。

頂いているトーク&ライブの感想です。
http://www.taka-messenger.com/blog/kannsou.html

ライブ詳細→http://www.taka-messenger.com/event

5月21日 山梨県身延町「古市佳央&杉浦貴之&佐野信幸&若渚」

5月29日 愛知県名古屋市「がん治っゃたよ!全員集合!」

6月11日 宮崎県宮崎市「保坂隆&川畑伸子&杉浦貴之」

6月12日 鳥取県三朝町「がん治っゃたよ!全員集合!」

6月13日 鳥取県米子市ワンマン

6月19日 大阪市「三浦直樹&杉浦貴之」

6月27日 山梨県甲府市ワンマン

7月2日 愛知県一宮市「則武謙太郎&杉浦貴之」

7月3日 静岡県浜松市「則武謙太郎&杉浦貴之」

7月10日 三重県桑名市「柴田美香&杉浦貴之」

7月18日 愛知県岡崎市「石原均&山部三千代&杉浦貴之」

●○●○●○●○●○●○●○

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版
http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X

●○●○●○●○●○●○●○

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください。
「杉浦貴之・命はやわじゃない!」00553107s@merumo.ne.jp

にほんブログ村

 

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね