【治るチャンスを活かすのは、俯瞰力】

【治るチャンスを活かすのは、俯瞰力】


テーマ:
【治るチャンスを活かすのは、俯瞰力】

6月4日、名古屋市にて、3回目となる「生還者に学ぶ 本音のがんの治し方」(織田英嗣&杉浦貴之&小澤康敏)を行いました。
お越しくださった皆さん、スタッフの皆さん、素敵な会場を用意してくれたこうのさん、本当にありがとうございました!
 沖縄、兵庫、京都、静岡、三重、岐阜・・・県外からもたくさんの方が来られていました。
 ぼくと織田さんが語り、小澤さんがうまく解説してくれました。
 今回のテーマは「治るチャンスの活かし方」。
 ぼくが手術を受けてから18年、本当の意味で元気になったと実感できたのはここ4,5年です。
ぼくは「治るチャンス」、言い換えれば「良くなるチャンス」をことごとく逸してきた、しくじり先生です(笑)。何とか、最後のチャンスをギリギリものしてここまできた実感です。
 講演の中では、自分を反面教師にしてもらいたく、失敗談をシェアしました。講演では伝えていないことを含めて一部を紹介します。
 手術して退院後、体調は全く回復していないのに、「待っているよ」の声を意気に感じて3か月で職場復帰。体調は悪くなる一方で、半年後にドロップアウト。
「がんに効く」と言われたら何でも取り入れ、どこにでも行くのですが、体調の良くなる気配なし。体力なく、栄養状態の悪い中、酵素風呂に入り、失神寸前に陥る。
 ある日、腹部の強烈な痛みを感じ、救急車を呼ぶのではなく、友人のヒーラーを呼び、見えない力で治るのを期待。
一向に痛みは治まらないものの、ヒーラーの「本当のお前は病院に行きたがっていない」の言葉を鵜呑みにし、一晩中悶絶。朝、命の危険を感じ、救急車を呼び病院に行くと、腸閉塞と診断され、医師に「何でここまで放っておくんだ」と怒られる。
 腸閉塞はこれ一回で済みません。療養中の自分は親に迷惑を掛けている、社会に貢献していない自分は世の中のお荷物・・・そんな意識から、早く元気になろうと焦り、玄米をよく噛まずに大量にかっ込み、初回を含め計5回の腸閉塞を経験。
「俺の言うことを聞いていればがんは治る」という言葉に釣られ、高額なお札やグッズを購入したこともあります。
 1999年、病床で夢描いたホノルルマラソン。ホノルルマラソンは12月に行われるのですが、ことごとく、「病人」「病み上がり」を言い訳にし、毎年チャンスを見送ってきました。
 
 いつもギリギリのところで難を逃れ、何とか最後のチャンスを掴んでここまで来られたのだと思います。命が危うかったときもありました。それなので「治るチャンスを活かそう」などと人前で偉そうに語れるものはないんです。
 では、この数々の失敗は何から来るのでしょうか。
きっとそれは、誰かに、何かに「治してもらおう」という依存心からだったと思います。ぼくは、医療、サプリメント、健康器具、ヒーラーさん、見えない力に依存し、自らの力で元気になっていこうとはしていませんでした。
 ホノルルマラソンは分岐点になりました。
あれだけ煮え切らなかったのですが、2005年、恩人との出会いがあり、「自分の力を信じて、チャレンジしなさい!」の言葉に、ようやく参加を決意。
「病人」の殻を脱ぎ、少しずつ歩き始め、ホノルルマラソン完走を果たすと、本当に見違えるように元気になりました。このとき、「治る力は自分の中にある」ことを実感し、以後、ブレることは少なくなりました。
 治るチャンスを活かすために大事なことは、まず、「治る力は自分の中にある」ことを腑に落とすこと。そして、現代医療、様々な代替療法などは、治る力を引き出すためのサポーターだと知ることだと思います。
 治るチャンスを活かすためにもう一つ大事なこと。
それは自分の状況を俯瞰することだと思います。

 

 

 

    この日共演した織田英嗣さんは11年前、食道がんステージ3と宣告されます。15時間の大手術を受け、5年間生存率20%と宣告されましたが、今も健在で、患者会「めぐみの会」を立ち上げ、精力的に活動されています。

 織田さんの素晴らしいところは俯瞰力だと思います。
 織田さんは、がん関連本や患者会の先輩方を参考に、生き方を180度変え、玄米菜食、体温を上げるための運動、規則正しいライフスタイル、イメージトレーニングなどを徹底。
毎日朝5時に起きて5~10kmのジョギング、その後に腹筋、腕立て、筋トレなどの様々な運動。日の出の時間は、公園で太陽のエネルギーを浴びてイメージトレーニングや呼吸法をやり、シャワーを浴びて乾布摩擦をする。このようにライフスタイルを整え、免疫力を高めるための生活を徹底されました。
 織田さんは様々な本を読み、心に残った個所を書き写していき、そのノートは10冊近くに及んだそうです。そうして得た多くの知識の中から自分で納得ができたものを繋ぎ合わせて仮説を作り、人体実験のつもりで実際に試したといいます。その結果、本や人の勧めではなく、自分が良いと体感できたものを続けていくことができました。
 織田さんは知識や情報を鵜呑みにすることなく、少し離れたところから自分を観て、自分に合ったものを取り入れていきました。その俯瞰力が功を奏し、織田さんは治るチャンスを活かすことができたのだと思います。
 織田さんは言います。
「がんを治すための正解は『自分で作る』。そして『自分で信じたことを信じる』」
 質疑応答でもたくさんの質問をいただきましたが、ぼくらは、こうしたほうがいい、こうしないほうがいいということは当然言いません。
 選択に迷うとき、あらゆる知識を総動員し、ちょっと離れたところから状況を観て、自分を感じ、自分の生き方と照らして、自分で決める。
 最後は「自分がどう生きたいか」だと思います。
 あ、歌も2曲歌いました!

 

①ご自身で選択するのに、ガンの辞典、小澤さんの小冊子が役に立ちます。

http://www.gan-jiten.com/text/01/1300.html

 

②「めぐみの会」織田英嗣さん

https://www.meguminokai.net/

 

③「がんサバイバーホノルルマラソン2017」開催決定!

詳細→http://ameblo.jp/messenger-honolulu/entry-12255143162.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.セルフコントロール力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

杉浦貴之発行『メッセンジャー50号』最新号!

 

テーマは、「セルフコントロール力」

 

先日、熊本で共演し、北海道「がん治っちゃったよ!全員集合!」にご登壇いただく工藤房美さんが登場されています。

 

『遺伝子スイッチ・オンの奇跡』の著者で、子宮がんステージ4からの生還者です。病を乗り越えていくマインド、とても参考になると思います。真実の体験談は腑に落ちます。

 

また、セルフコントロールの大切さ、支える側のマインドも参考になります!

 

注文はこちらからです。http://www.taka-messenger.com/category/messenger

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.がんサバイバーホノルルマラソン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「がんサバイバーホノルルマラソン2017」開催決定!

詳細→http://ameblo.jp/messenger-honolulu/entry-12255143162.html

☆☆☆☆☆

 

以降のトーク&ライブ情報!!

各種イベント出演、ワンマンライブ、学校ライブ、講演、がん治っちゃったよ!全員集合!企画など、気軽にご相談ください。また、開催地のご友人にぜひお知らせください。

頂いているトーク&ライブの感想です。
http://www.taka-messenger.com/blog/kannsou.html

7月1日 大阪府大阪市

7月2日 鳥取県米子市

7月4日 香川県高松市

7月6日  広島県福山市「藤井恵&杉浦貴之」

7月7日  佐賀県佐賀市「矢山クリニック」ライブ

7月8日 佐賀県鳥栖市

7月9日 大分県大分市

7月15日 岐阜県安八郡「太田篤&杉浦貴之」

7月17日 長野県安曇野市「加藤史子&杉浦貴之」

8月5日  三重県四日市市「杉浦誠司&杉浦貴之」

8月13日 愛媛県松山市

8月19日 愛知県西尾市「BEANS」

8月20日 岐阜県美濃加茂市「AKIRA&杉浦貴之」
9月3日  愛知県豊田市

9月15日 北海道「3時間ビンビンセミナー」

9月30日 三重県伊勢市

詳細⇒http://www.taka-messenger.com/event

●○●○●○●○●○●○●○

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版
http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X

メルマガのご友人への紹介、登録、解除はこちらから!
http://www.mag2.com/m/0001675764.html

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね