今日は『メッセンジャー』45回目の入稿です!

384621_10150538088677316_1890785706_n

今日は『メッセンジャー』45回目の入稿です!

 
表紙は寺山心一翁さんで、テーマは「自然治癒」。5人の自然治癒・退縮経験者に登場していただきました。

詳細はまた!自然治癒の結果ではなく、そのプロセスを観てほしいです。

メッセンジャー
http://www.taka-messenger.com

今朝、急にギックリ背中?になりました。荷物を持つのもつらく、車のハンドルを切るだけで叫んでいます。

ストレッチしかないかなー

さてさて、

『メッセンジャー』44号に出てくれた古市佳央さん。

よくトーク&ライブでコラボをさせていただいています。昨年はホノルルマラソンにも一緒に出ました。

古市さんは、やんちゃな少年だった高校一年の春、バイク事故で、全身の41%に大やけどを負い、生死をさまいますが、奇跡的に命を取り留めます。

自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り戻していきます。

現在は、全国で講演活動を行っていて、全国・講師オーディション2013でグランプリも受賞しています。

そんな古市さんの言葉。

☆☆☆

小学校に講演に行ったとき、子どもたちに質問された。

「古市さんはタイムマシーンがあったら元に戻りたいですか?」

「当たり前でしょ」と答える自分がいると思った。しかし、言葉が出てこなかった。あれほど事故を後悔し、外観が変わってしまったことで苦しみ、何度も死にたいと思った自分が・・・。

僕は子どもたちにこう答えていた。

「僕は今の自分が大好きだよ。それは、やけどの事故の後、家族や日本全国の仲間が今の自分のそのままを認めてくれたからなんだ。こんな大切な宝物を置いて過去には戻れないよ」

僕は今本当に幸せである。心からそう思えるようになれた。

こんな僕でも自分を好きになれるのだから、誰でも自分のことを好きになり、幸せになれるのではないか。

しかし、それには自分を認めてくれる人の存在が必要だと思う。

だから、あなたの身近な人、家族を認めてあげてほしい。

「君は僕にとって必要なんだ」

「君の存在は宝物だよ」

「君は生きているだけで素晴らしい存在だよ」

と、言葉で伝えてほしい。

(メッセンジャー44号より抜粋)

メッセンジャー
http://www.taka-messenger.com

☆☆☆

そんな古市さんの講演会があります!心に響きます。

16歳でバイク事故により全身大火傷。手術は何と33回!
何度も死のうと思った。。
そんな地獄を見た男だから語れる

「みんなで創る差別や偏見の無い優しい世の中とは?」

900人 銀座に大集結!「古市佳央 新春プレミアム講演会」 ★手話通訳付き

【日程】2015年1月4日(日)12:00~16:00(11:00開場)

【参加費】2,800円(一般席)
(参加費のうち1,000円は復興支援に充てます)

【会場】銀座ブロッサム

東京都中央区銀座2-15-6
(地図)http://ginza-blossom.jp/access/

新富町駅 1番出口 徒歩1分
東銀座駅 5番出口徒歩8分

【定員】900名(先着順)

【申込はこちらから】

チケット申込フォームの場合(クレジットカード決済可能です)
http://ptix.co/1oBYcwY

メールでのお申し込みは
only.one.festa@gmail.com
に、必要事項明記して送信してください

必要事項:お名前(フリガナ)・連絡先・アドレス・チケット種別、枚数

電話での申し込みは
090-8496-5383
070-5363-7380 事務局

(フェイスブックの参加ボタンは正式な申し込みにはなりませんのでご注意ください)

【古市佳央 プロフィール】

オープンハートの会 会長

「やんちゃな」少年だった高校一年の春、バイク事故で、重度熱傷41%という、生死をさまよう大やけどを負うが、奇跡的に命を取り留める。

自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが、その後3年間で33回の手術を経験し、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り戻す。

退院後は、一般社会の人々の好奇と嫌悪、同情の視線にさらされ、逆に精神的な強さがつちかわれる。

現在は、障害者と健常者の垣根をなくし「生活の質」の向上を目指す、『オープンハートの会』の設立・運営や、自己の体験を通じて得た命の大切さや出逢いのすばらしさを伝えるため、全国での講演活動を行っている。

全国各地の小学校や高校、大学に招かれての講演活動にも力を注ぎ、様々な分野でパネラーとしても招かれている。

http://www.furuichiyoshio.com/(HP)

コメントがありません

感想を書いてくださいね