子宮の病変が消失。命を救ってくれた母の生き様と父の言葉「お前はよくやってるぞ」

子宮の病変が消失。命を救ってくれた母の生き様と父の言葉「お前はよくやってるぞ」

薬剤師・漢方食養生の林薬局代表の高田理恵先生のお話パート2です。

 

パート1では、お父様のがんを見守った体験でした。

 

お父様が肝臓がんを宣告されるも、生活習慣の見直しなどの養生と漢方で、2年半後、9cmあった肝臓の腫瘍は消失。

 

大切なのは、解毒。何事も中庸に持っていく大切を伝えてくれました。

パート1 ⇒ https://ameblo.jp/lifeisstrong/entry-12306807149.html

 

さて、理恵先生のお父様のがんが見つかって2年後、彼女自身の体にも異変が起こります。

 

子宮から出血が始まったのです。尋常じゃないくらい辛くなり、病院で診てもらうと、「これは十中八九、子宮頸がん2B期ぐらいまで行っています。市民病院で精密検査を受けてください」と。

 

これは決して真似はしないでください。

 

理恵先生は病院には行かず、自分の体で養生を試したのです。なんだかワクワクしたそうです。

 

とにかくしっかり寝て、食べる物をしっかり選んで、体を温めて、リラックスして養生すれば治ると思ったといいます。

 

具体的には、

 

1、 早く寝るようにした(睡眠時間の確保)。姑さんにはうつ病と偽って寝るようにし、家族をも納得させた。

 

2、 食事のメニューを見直す。過激な玄米菜食ではなく、朝は玄米と味噌汁、お昼は野菜中心のお弁当を取り、夜は玄米に具沢山のお味噌汁や野菜スープ。

 

3、 元々ダンサーでもあり、薬局で踊ったり、音楽をしたりと楽しむことにベクトルを合わせた。歩くことを心がける。

 

結果、1か月で出血が止まり、それからもどんどん回復していきます。半年ぐらい経ったとき、市の子宮がん検診を受けてみると引っかからなかったそうです。

 

メンタル面の変化、ここが大事です。ここはぜひ参考にしてください。

 

理恵先生は、「自分がやらねば! 自分ががんばらないといけない」という考え方を緩めます。それまで本当にハードに働いていたそうです。・

 

お母様が長年鬱病を患っていて「今は店をがんばらないといけない。年をとって定年退職をしたら、旅行に行ったりしたいんだ」と口癖のように言っていたそうです。しかし、そう言いながら実現できずに亡くなられます。

 

そんなこともあり、「命はいつなくなるかわからない。何年か先を楽しもうと言っている場合じゃない。今楽しまなきゃ」と思うようになります。

 

さらに師匠がいました。90代の薬局の患者さんで、幅広い年代の彼女が港々にいて、まだまだ現役で楽しんでいるのだそうです。その方に言われます。

 

「そんなもん、笑っても一生、泣いても一生なんだよ。どうせ生きているなら楽しまなきゃ損やろう?」と。

 

大きなスイッチが入ったそうです。

 

最後はお父様。

 

小さい頃は「歯を食いしばってやれ!」「グチグチ言うな!」「できるまでやれ!」「人を追い越せ!」という教育方針で育てられてきました。そのため、もっともっとがんばらないとお父様に愛されない、認めてもらえないという思いが強かった…。

 

理恵先生いわく「幼い頃からの環境で、自分を傷めつけるライフスタイルが潜在意識的に植え付けられてしまうと、知らず知らずのうちに、生命力を削ぎ落とす行為をしてしまう」

 

でも、お父様が病に倒れると、コロッと人が変わってこんなことを言ってくれるようになったのです。

 

「お前はよくやっているぞ」

 

「よくがんばっているな。本当にお前のおかげだ。俺はお前のことを誇りに思っているぞ」

 

「そんなにしゃかりきにやっていると、俺みたいに体を壊してしまうから大概にしとかないといかんぞ。そうがんばるな」

 

理恵先生、かつては厳しかったお父様の言葉に、ただ涙があふれたそうです。

 

自分も病気のとき、親に「生きてさえいてくれればいい」と言ってもらえたときは本当に嬉しかった。認めてもらえるということは本当に大きいのです。そのことで自分を認め、許すことができました。

 

理恵先生はお母様の影響で「今楽しもう」というスイッチが入り、お父様の言葉で「今の自分で大丈夫」というスイッチが入ったのですね。

(これは決して現代医療を否定するものではありません。三大療法を使い元気になられる方、自然療法を使われる方、併用される方、様々です)

 

続きはまた!

 

ぜひ、理恵先生の話を聴いてください!養生の基本をしっかり府に落としてほしいです。

『メッセンジャー51号』はこちら!

http://www.taka-messenger.com/category/messenger

 

☆☆☆

 

10月15日(日) 高田理恵&杉浦貴之 in 名古屋

 

「命を輝かす心と体の養生」

 

~感動と納得の養生トーク&ライブセミナー~

 

命のマガジン『メッセンジャー51号』対談記念!

 

シンガーソングランナー杉浦貴之氏のがん克服の道のり、薬剤師・高田理恵先生自身の病からの回復、父親のがん自然消失の道のり。そのプロセスを「養生」の観点からわかりやすく解説。さらに、歌と音楽が心深く染み入る、涙と笑い、感動と納得のトーク&ライブ。

 

【日  程】2017年10月15日(日) 13:00~16:00 (12:30開場)

 

【場  所】東京海上日動ビル2階 ホールA

名古屋市中区丸の内2丁目20-19(地下鉄丸の内4番出口徒歩2分)

 

【参 加 費】前売 3,000円 当日3,500円

※メッセンジャー定期購読者は500円割引

 

【主  催】チームメッセンジャー

 

【お申し込み】

http://kokucheese.com/event/index/481716/

 

【お問合せ】mobile : 080-4110-7342(涌井)Mail : i_wakui@yahoo.co.jp (涌井)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

全国各地の皆さん、ぜひぜひ、杉浦貴之を呼んでください~!連絡をいただいている皆さん、これから対応していきますね!お問合せはこちらにお願いします。規模なども様々対応していますので、気軽にご相談ください。
taka-messenger@nifty.com
「がん治っちゃったよ!全員集合!」、11月に浜松、12月に高知で開催されます!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

1、 11月23日(木・祝)がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松

【出演者】 船戸崇史医師、山中圭子、織田英嗣、杉浦貴之、めぐみ音(がん患者バンド)

詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/474619/

 

2、12月2日(土)がん治っちゃったよ!全員集合!in高知

【出演者】 船戸崇史医師、野田理香医師、杉浦貴之

詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/465749/

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.命を輝かす心と体の養生

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

杉浦貴之発行『メッセンジャー51号』最新号!

 

今回も渾身も中身の濃いものになりました!テーマは「命を輝かす心と体の養生」
~乳がん骨転移からホノルルへ、
子宮がんステージ2から手術せず12年、
漢方薬剤師、ビーガンシェフが養生を語る~」です。

 

注文はこちらからです。http://www.taka-messenger.com/category/messenger

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.がんサバイバーホノルルマラソン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「がんサバイバーホノルルマラソン2017」開催決定!

詳細→http://ameblo.jp/messenger-honolulu/entry-12255143162.html

 

 

☆☆☆☆☆

 

トーク&ライブ情報!!予定追加あり!!!

各種イベント出演、ワンマンライブ、学校ライブ、講演、

 

がん治っちゃったよ!全員集合!

 

企画など、気軽にご相談ください。また、開催地のご友人にぜひお知らせください。

 

頂いているトーク&ライブの感想です。
http://www.taka-messenger.com/blog/kannsou.html


9月30日 三重県伊勢市
10月8日 茨城県つくば市
10月10日 東京都「寺山心一翁&杉浦貴之」ワークショップ
10月14日 静岡県浜松市「則武謙太郎&杉浦貴之」
10月15日 愛知県名古屋市「高田理恵&杉浦貴之」
10月22日 愛知県豊橋市
10月25日 愛知県岡崎市カフェライブ
11月3日  大阪「究極3時間ビンビンセミナー」
11月23日 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松
12月2日  がん治っちゃったよ!全員集合!in高知

詳細⇒http://www.taka-messenger.com/event

 

●○●○●○●○●○●○●○

 

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版
http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X

メルマガのご友人への紹介、登録、解除はこちらから!
http://www.mag2.com/m/0001675764.html

 

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね