小児がんで2年生存率0%から復活のゆうすけくんがテレビに!

384621_10150538088677316_1890785706_n

小児がんで2年生存率0%から復活のゆうすけくんがテレビに!

 

『メッセンジャー』に登場してくれたことがあり、小児がんで2年生存率0%から復活のゆうすけくん。
 
ゆうすけくん、家族のストーリーがドラマ化されます。
 
日にちは3月23日、夜9時からです!
 
 
『メッセンジャー』16号の表紙に登場してくれたゆうすけくん。アンビリーバボーにも出演しています。ゆうすけママは17~26号まで『メッセンジャー』で連載してくれましますた。
hyousi16
ゆうすけくんは、4歳のとき、肝臓の小児がん(肝芽腫)を宣告され、お母さんから肝臓を移植。その手術日はぼくと同じ日の10月14日。
 
その後、肺に再発し、手術。大量化学療法をし(肝芽腫で肝臓移植をし、大量化学療法=自家移植をした例もない)、肝移植後、再発をした子どもの生存率0%と宣告されます。
 
ゆうすけくんとは、6歳のときに出会いました。2006年、姫路で行われたトーク&ライブの新聞を見て、会いに来てくれました。
 
トーク&ライブ終了後、ゆうすけくん、ゆうすけママ(移植のための手術)、ぼくと3人で傷を見せ合いました。ゆうすけくんのママは。「命を粗末にする人たちにこの傷を見せてやりたい」と言っていました。
 
ぼくと手術日が同じ、2年生存率0%も同じで、自分のことを希望にしてくれていたみたいです。現在は元気に高校に通っています!
 
ゆうすけくんの家で、ゆうすけくんといろいろ話しました。
 
「もう、がんは怖くない?」
 
「もう飽きたわ~。それに、もうがんは来ないって決めてるもん。絶対大丈夫やもん!」
 
「生きることを諦めそうになったことあった?」
 
「一回だけ、あったなあ~」
 
「どうやって乗り越えたの?」
 
「やっぱり絶対に死にたくなかったもんな~。あ、でもな、それより生きたかったからやで。まだまたやりたいことがあったもんな。小学校に行きたかったもん!」
 
そんなゆうすけくん、ぼくの出たアンビリーバボーを見て、マラソンを走りたくなり、2010年は一緒にマラソン大会に出ました。
 
『アンビリーバボー』に出たいなあと言っていたら、それも実現。今回のドラマはそこから縁が繋がっています。
 
その後は彼も日本でパッチアダムスと行動をともにしたり、多くの人を勇気づけています。
 
ゆうすけくんも、見守った家族も素敵です。ぜひぜひ観てくださいね~
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
5月末までの一般参加可能なトーク&ライブをご紹介します。
 
各種イベント出演、ワンマンライブ、学校ライブ、講演、がん治っちゃったよ!全員集合!企画など、気軽にご相談ください。
 
また、開催地のご友人にぜひお知らせください。
 
頂いているトーク&ライブの感想です。
 
 
3月21日 岐阜県揖斐川町
 
3月26日 大分県大分市「がん治っゃたよ!全員集合!」
 
3月27日 福岡県福岡市
 
4月2日  愛知県安城市
 
4月8日  宮城県登米市
 
4月9日  宮城県大崎市
 
4月17日 愛知県名古屋市「則武謙太郎&杉浦貴之」
 
4月23日 長野県安曇野市「加藤史子&杉浦貴之」
 
4月24日 長野県須坂市
 
4月29日 愛知県犬山市「杉浦貴之&佐野信幸&ケンゾー」
 
5月13日 東京都「寺山心一翁&杉浦貴之ワークショップ」
 
5月21日 山梨県身延町「古市佳央&杉浦貴之&佐野信幸&若渚」
 
5月29日 愛知県名古屋市「がん治っゃたよ!全員集合!」
 
6月11日 鳥取県米子市
 
6月12日 鳥取県三朝町「がん治っゃたよ!全員集合!」
 

コメントがありません

感想を書いてくださいね