治す力は、己の中にある

hyoui28-s

さて、ぼくは今、妻の実家に寝泊りして、メッセンジャー編集のため、自宅事務所に出勤しています。

年賀状につきまして、今年9月、祖母が永眠致しましたため、新年のご挨拶は、喪中につきご遠慮させていただきます。すでに出していただいている方は、誠に申し訳ありません。

今、一日8時間くらい寝ています。ときには寝る間を惜しんで働き、ときには、働く間を惜しんで寝よう!

今日は、メッセンジャー最新号に登場してもらった皆さんのメッセージを~!ダイジェストです!

①「余名半年から23年を迎えて ~20歳で膵臓がん宣告・夢でがんを克服~」の溝井由美子さん。

彼女の一言→私はタバコも吸い、お酒も飲む。「生活習慣を変える」とか、「免疫力を高める」という言葉が大嫌いだ(笑)。でも、どうして元気になったのか・・・やはり、とにかくやりたいことをやりまくったからだ。

②「手術の翌日からウエイトトレ! ~乳がん手術・病院のブラックリストに~」の松塚美登里さん

彼女の一言→何事も「できない」って決めつけてしまうのは自分自身。「できる」って自分で決めてしまえば、できないことなんてないんだって思いました。

③「子宮頸ガン、自然治癒への道のり ~ガンになった意味~」のこじまもとこさん。

彼女の一言→他人任せにはできない。なぜなら、ガンになったのは「私」だからです。ガンを受け入れて、原因を探り、意味を理解し、治すのもまた、「私」。このガンとつきあっていくのは医師でも薬でもない、「私」以外に誰がいるでしょうか?

④「私は食事療法とマラソンでがんを克服する」の医師・道上晋也さん。

彼の一言→がんは治らない病気ではない。何が功を奏するのかはわからないが、後悔のないよう納得のいく方法で生きていくことにした。この寄稿をきっかけに、子ども達に本当のことを話そうと思う。きっとわかってくれるだろう。そして、私が今一生懸命走っている姿を見て、子ども達が何かを感じてくれたらうれしい。

⑤インタビューは、「白血病患者はやわじゃない!」のウルトラマラソンランナー渡辺健二さん。

彼の一言→マラソンは治療の一環。ネズミとかモルモットじゃ、何時間も走ってくれないじゃないですか。だったら人間がやるしかないですよね。そのへん、格好つけてるわけじゃないですけど、前例がないなら、自分がなればいいんです。

⑥杉浦貴之、ぼくも連載しています!

一言→がんは、本当の自分に戻るための、体からの命懸けのメッセージ、愛。「自分らしく」ではなく、「自分」を生きることができたら、きっと体も元に戻る。がんの出る幕がなくなるようにしてやればいいのだ。どんなときも、己の中に「想像を超えた可能性」があることを信じていたい。

連載も充実!熱血カウンセラーのさらちゃん、「おしゃべり好きのぼくが“うつ”に~ゆっくりでいいよ、自分のペースで~」の大八木潤さん。

メッセンジャーのご注文はこちらにて!

http://www.taka-messenger.com

新年最初の愛知でのトーク&ライブは、武豊町で!!
■□■□■□■□■□
1月16日(土) 愛知県・武豊町トーク&ライブ
☆時間 19:00開場  19:15開演(21:15終演予定)
☆場所 武豊ゆめたろうプラザ(響きホール)愛知県知多郡武豊町字大門田11番地
http://www.town.taketoyo.lg.jp/kaikan/index.html
0569-74-1211
☆料金 前売2000円 当日2500円 (未就学児の入場はご遠慮いただいています)
☆お申込・お問合せ HINAの会 hinanokai4181handa@yahoo.co.jp  
      080-1601-1209または090-4865-7900 武井尚美・稲垣久代

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

その他イベント出演予定!

http://www.taka-messenger.com/event

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください~。

「杉浦貴之
命はやわじゃない!」
00553107s@merumo.ne.jp

スベり知らずのもみあげ文字職人・誠ちゃん、マネージャーのたなやんも、同時にメルマガを始めました。御ひいきによろしくお願いします。

☆杉浦誠司のメルマガ
「めっせー字~夢・ありがとう~笑いスギ日記」
00553108s@merumo.ne.jp

☆田中悠
「W杉浦を世界へ!マネジャたなやん日記」
00553139s@merumo.ne.jp

コメントがありません

感想を書いてくださいね