病気になることもあるさ。治ることもあるさ。結果への執着を手放す

384621_10150538088677316_1890785706_n

【病気になることもあるさ。治ることもあるさ。結果への執着を手放す】

5月14日に出来上がってくる『メッセンジャー』の最新号のテーマは、「がんを克服するメンタルとフィジカル」。

その中で、心の専門家、メンタルトレーナーの加藤史子さんにインタビューをしています。

以前、加藤史子さんの本に書かれていたことを紹介しました。その本『ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法』同文館)にはこんなことが書かれていました。

人は、自分の生きづらさの原因をつくり出している5種類の「○○でなければならない」という考え方を持っているそうです。

エリックバーンという方がそれを「ドライバー」と名付けていて、その5つの「ドライバー」とは、「完璧であれ」「強くあれ」「努力せよ」「喜ばせよ」「急げ」です。

ドライバーとは、子ども頃に親や先生から言われてきた言葉がその人の考え方となり、その人を突き動かしているもの、操っている・・・と言った方がいいのかもしれません。ぼくはそのドライバーのどれもが強かったのですが、少しずつ緩めていくことで、ストレスが減り、心が軽くなっていきました。

ぼくは、この5つのドライバーが強烈に存在しつづけました。しかし、完璧にできるはずもありません。そんなときはできない自分を責めることになります。また、できない他人も許せなくなり、そうして溜まったストレスのエネルギーが体を蝕んでいったのだと思います

加藤史子さんは、このように出現した体の症状と対話をすることが必要だといいます。

肩凝りだったら「頑張りすぎているよ」、腰の痛みだったら「もうちょっと自分を大事にしてね」、蕁麻疹だったら「誰かに本当は怒っているんじゃないの?」「我慢しすぎているんじゃないの?」と。

症状が大切なメッセージを知らせてくれているんだという視点を持つことが大切。症状の作り手は自分を苦しめる敵ではなくて、味方だと考えたほうがいいですよね。

加藤さん自身も「こうすべき」「こうあるべき」が強く、体調を崩している期間が長かったそうです。

加藤さんは少しずつですが、「こうあるべき」を手放す練習をしたそうです。

「完璧でなくてもいい」「誰かに認められなくてもいい」「自分の価値をいつも保っていなくてもいい」「自分の理想通りに物事が進まなくていい」という声を自分にかけていきます。

それまでは「できたか、できないか」「うまくいったか、いかないか」という結果に囚われすぎていたのが、それを手放し、「ダメなときもあるよ」「そんなこともあるさ」「そんな日もあるさ」と、思えるようになります。

さらに、加藤さんは黒いところを排除しようとしていたと言います。「こんな自分はダメ」「できない自分はダメ」「人を怒らせた自分はダメ」だと。しかし、排除なんてできなくて、どんどん自分が苦しくなっていく。

それが、黒もあっていいし、黒も大切なものなんだと思い始めてから、体の不調和(症状)も和らいでいったそうです。

自分の中の白も黒も認めてしまうことが大切。

「人に嫌われることもあるさ。でも、喜んでくれることもあるさ。不安になることもあるさ。病気になることもあるさ。治ることもあるさ」と。

どちらもOKと思える自分ができたときに、病気にならなくても済む自分になったのかなと言われていました。

結果への執着を手放すことが大切ですね。

 

今回の『メッセンジャー』は、「2014がんサバイバーホノルルマラソン特集」でもあります。

もしよかったら読んでみてください。A4全48ページ。

5月16日に発送します~!1冊(350円)から送りますー!

①『メッセンジャー』ご注文・定期購読はこちらから!
http://www.taka-messenger.com/

 

11204933_10154117502902316_8288070707594234188_n

 

②『メッセンジャー』創刊10周年記念イベント in 岡崎

5月30日(土)≪命の神髄≫ ~医療の神髄・病の神髄~in岡崎

寺山心一翁&畑地美妃&杉浦貴之


https://www.facebook.com/events/857444807651666/?ref=ts&fref=ts

 

10704311_10153867095477316_7872698921592060223_o

 

③5月31日(日)寺山心一翁&杉浦貴之 スマイル☆スマイルワークショップ in 岡崎


https://www.facebook.com/events/1655156894704521/

 

☆☆

どんどんお申し込みいただいています。来月です。お早めに~。

5月30日(土) 『メッセンジャー』創刊10周年記念イベントin岡崎

寺山心一翁&畑地美妃医師&杉浦貴之

≪命の神髄≫  ~ 医療の神髄・病の神髄 ~

末期がん、余命宣告を生き抜いた2人のサバイバーが、トーク、歌、音楽で、その叡智を伝える。

その体験を、現代医療に携わりながら、病の根本原因、真の医療の在り方を追求する医師が「治るメカニズム」という視点から解説する。

トーク、歌、演奏、パフォーマンス、笑いで心揺さぶられ、自然治癒力あふれる1日。

☆お申込み☆
http://kokucheese.com/event/index/245439/

h

〇翌日の5月31日(日)
は、寺山心一翁&杉浦貴之 スマイル☆スマイルワークショップ in 岡崎

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9a14a139229180


●○●○●○●○●○●○●○

5月15日(金)  愛知県岡崎市「リバースカフェ」

 

石原クリニック 石原均先生
杉浦貴之

 

トークライブを開催、しかも対話形式

 

☆場所 石原クリニックに併設される
茶房去あうんのサンルームラウンジにて

 

☆10名限定の「リバースカフェ:命を語る会」

 

☆料金 3000円
(ベジタブルカレーとオリジナルカフェ付き)

 

12時からランチタイム

13時より Dr石原 トークライブ

13時半  貴之さん トーク

14時~15時頃 参加者全員対話

15時半終了

 

☆お問合せ☆
raku369an@docomo.ne.jp hoshinotane369@gmail.com
電話番号09025708460(山部)

●○●○●○●○●○●○●○

6月20日(土)  愛知県一宮市トーク&ライブ

☆時間 13:30~15:30(13:00受付開始)

いのちの釜めし懇親会  16:00~17:00頃

☆場所:珈琲庵きのした
愛知県一宮市浅井町江森字楼光寺19
http://www7.ocn.ne.jp/~kinosita/21612.html
0586-51-5017

☆杉浦貴之トーク&ライブ 13:30~15:30
1ドリンク付き
前売り:3,000円(事前振込)
当日 :3,500円(席があれば)

☆いのちの釜飯懇親会 16:00~17:00頃
いのちの釜飯代:1,100円

※珈琲庵きのしたのオーナーであり、フードコーディネーター木下真美の作る「いのちの釜飯」は、細胞が喜ぶ釜めしと評判になり、遠方から食べに来る人も多い。

☆主催・申し込み先

・珈琲庵きのした 木下真美
TEL 0586-51-5017   090-6070-2256
メール coffeefuu★yahoo.co.jp
(★を@に変えてくださいね)


●○●○●○●○●○●○●○

杉浦貴之トーク&ライブ情報!

5月15日(金)
 愛知県岡崎市「リバースカフェ」

5月30日(土)
 愛知県岡崎市「命の神髄」

5月31日(日)  愛知県岡崎市 寺山心一
翁&杉浦貴之

6月6日(土)  静岡県藤枝市

6月20日(土)  愛知県一宮市

6月23日(火) 愛知県名古屋市 今井美香&杉浦貴之

6月27日(土) 三重県四日市市「サンルーチョ」

6月28日(日) 愛知県豊田市 則武謙太郎&杉浦貴之http://www.taka-messenger.com/event

●○●○●○●○●○●○●○

『メッセンジャー45号』
http://www.taka-messenger.com/orderform

●○●○●○●○●○●○●○

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版

http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X

●○●○●○●○●○●○●○

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください。「杉浦貴之・命はやわじゃない!」00553107s@merumo.ne.jp

コメントがありません

感想を書いてくださいね