素直になれば病気は治る

昨日は福地中学校でのトーク&ライブでした。

てっぱんの“黄金のギフト(うんちネタ)”はじめ、たくさんの宝物を子どもたちにおすそ分けしてきました~!

最近、妻のあさひに悩みや愚痴を打ち明けると、彼女はこう言います。

「私は今まで一回も自分を責めたことはないよ」

「マジ?ほんと?さすがぼくもカミさん、神様!」

「ただ自分に求めてないからだよ。タカさんの悩みは、地球規模で考えたら、いつでも大したことないよね~」

「はっはは、素晴らしい!」

「子どもの命はね、地球規模で考えても大きいから、大事なんだよ」

「だからティウロンのこともやるんだね」

そうか、今の悩みを地球規模で考えてみよう。

メッセンジャーの最新号が出ました!今回も大好評です!!テーマは「素直になれば病気は治る」

hyousi29-t

☆登場人物☆

①「がんは“愛”そのものだった ~末期胃がんから手術せずに快復~」の射場恵美子さん。
2006年、末期胃がん宣告。ホスピス行きを勧められ、遺書まで書いたのに、私はこんなにも元気になった! 私を変えたのは、出会いと一歩踏み出す勇気だった。

②「家族の絆で母のがんを治す ~母のおかげで持てた夢~」の武井尚美さん。

4年前、母の左右の腎臓にがんが見つかり、手術。1ヵ月後にすい臓に再発。ある本との出会いをきっかけに、手術ではなく、自然治癒での完治を目指す。私たち家族は一丸となった。そして今、母だけでなく、私自身の人生も光り輝くものとなった。

③「しょがないことなんて何もない ~白血病からの復活劇~」の大野祐輝さん。

彼は16歳で白血病を患う。主人公が白血病で亡くなる小説にショックを受けるも、同時期にテレビで観た白血病患者のドキュメンタリー番組に勇気をもらう。ドキュメンタリーに助けられた彼は、今度は自分が映像の力で人を救おうと、大学で映画製作を学ぶ。そして大学卒業後、自らを主人公にしたドキュメンタリー映画の製作のために、なんとアジア14ヶ月間の旅に出てしまう・・・。

④「楽しめば良くなるんだから ~インタビュー~」の枇杷葉温圧師・川崎淳子さん。

まだまだあきらめるには早すぎる。多くのがん患者と向き合い、見えてきたがんを治していく人の共通項。そこで起きた数々の奇跡を紹介!

⑤「末期胃がんが自然治癒しちゃった! ~インタビュー~」のがん患者の希望の星・星野由紀子さん。

2005年春、当時看護師だった星野由紀子さんは、突然、末期の胃がんで「余命半年」の宣告を受ける。そんな星野さんは、1冊の本との出合いから、迷うことなく手術を拒否。がんの治療を人間が本来持っている自然治癒力に懸ける。そして2007年の夏、がんは見事に消えていた。現在の星野さんは、がんになる前よりも元気で、キラキラと輝いている。

☆連載☆
皿井啓之さん「命を懸けて伝えていくこと ~ステップアップ塾長~」
大八木潤さん「おしゃべり好きのぼくが“うつ”に ~ゆっくりでいいよ、自分のペースで~」

ぼくも(変酋長)、命について語っています。タイトルは「何があっても、大丈夫」(むぎむぎ日記)

メッセンジャーのご注文はこちらにて!

http://www.taka-messenger.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

森源太ライブ情報!

ニューアルバム発売を記念して、バンド形式のライブ!!

◎ 日程:2月12日(金)

◎時間:開場 18:30 / 開演 19:30

◎チケット料金: 3,000円(一般) / 1,000円(中学生以下)※全て1ドリンク付き

◎場所: 大阪梅田『AKASO』 大阪市北区堂山町16-3
    TEL:06-7897-2450
    WEB:http://www.akaso.jp/

◎チケット予約
専用フォームhttp://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P39760816より予約受付中!

◎お問い合わせ
diary_shiyo@mail.goo.ne.jp(有田まで)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メッセンジャー29号、出ました!

http://www.taka-messenger.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

その他イベント出演予定!

http://www.taka-messenger.com/event

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください~。

「杉浦貴之
命はやわじゃない!」
00553107s@merumo.ne.jp
スベり知らずのもみあげ文字職人・誠ちゃん、マネージャーのたなやんも、同時にメルマガを始めました。御ひいきによろしくお願いします。

☆杉浦誠司のメルマガ
「~夢・ありがとう~感じ(漢字)」
00553108s@merumo.ne.jp
☆田中悠
「W杉浦を世界へ!マネジャたなやん日記」
00553139s@merumo.ne.jp

コメントがありません

感想を書いてくださいね