結核、C型肝炎、胃がん、肝硬変、肝臓がん、肝臓がん再発を経て、75歳、いよいよ、その制限を外すときがきたのです

続々とトーク&ライブ情報が更新されています。

 

5月6日 静岡市「おのころ心平&杉浦貴之」

 

5月14日 豊橋市「則武謙太郎&杉浦貴之」

 

5月22,23日 北海道函館市「杉浦貴之トーク&ライブ&セミナー」

 

6月4日 名古屋市「小澤康敏&織田英嗣&杉浦貴之」

 

6月11日 東京都「杉浦貴之トーク&ライブ with 山西哲郎」

 

6月18日 静岡市「則武謙太郎&杉浦貴之」

 

7月9日 大分市「杉浦貴之トーク&ライブ」
詳細→http://www.taka-messenger.com/event
さて昨夜は、ピアノ、ギターで伴奏してくれる佐野くんの教会でトーク&ライブのリハーサルでした。

 

2時間で3曲しかできませんでした。同じ曲を何度も、何度も!

久しぶりの曲も、新しい曲も歌います!

 

4月20日から東海地方でのトーク&ライブ! 20日岡崎、22日刈谷、23日安城、25日大垣と回ります!

http://ameblo.jp/lifeisstrong/entry-12262932179.html
さてさて、今日は、がんサバイバーホノルルマラソンに最高齢参加されたNさんのご紹介。

 

2011年のがんサバイバーホノルルマラソンツアーに、チーム最高齢の75歳で参加された男性がいます。

 

 

 

2011年のぼくのトーク&ライブを見に来てくれたことがきっかけで、ホノルルマラソンの参加を決意してくれました。

 

『メッセンジャー38号』に登場してくれているNさんです。

 

 

Nさんは、17歳で結核にかかります。当時の結核はとても恐ろしく、亡くなる方がとても多かった病気です。

ぼくと同じように、親に支えられたそうです。

 

親が藁にもすがる思いで、Nさんのために、おまじない、新興宗教、あらゆることに必死になり、そのなかに自分の一番の好物を断絶するという誓いがあって、以来、お母さんは一番好きなエビを生涯食べることはなかったそうです。

 

Nさんが病気になってからずっと、両親が伝えていてくれた言葉。

 

「お前が生きてさえいてくれれば、こんなに嬉しいことはない」

 

この言葉だけでそれほど心が救われるか。自己肯定感を増すこと、自然治癒力発揮の大きなカギですよね。

 

結核の大手術をし、治ったと思っていたら、Nさんは結核手術ときの輸血が原因で、50代でC型肝炎を発症。

 

その後、66歳で胃がん手術、数年後、肝炎から肝硬変となり、ついに肝臓がんを発症。手術をしたのですが、2年後に再発してまた手術を受けます。

 

子どもの頃は走るのも早く、スポーツ万能だったNさん。結核の発症、数々の病によって、運動が制限されてきました。
2011年夏、愛知県西尾市で行われた自分のトーク&ライブ。終了後、涙を流しながら、Nさんはぼくに話しかけてくれました。

 

「ホノルルマラソンに連れていってくれ。あと何年生きられるかわからない。人生に後悔したくない。チャレンジしたいんだ」

 

結核、C型肝炎、胃がん、肝硬変、肝臓がん、肝臓がん再発を経て、75歳、いよいよ、その制限を外すときがきたのです。
2011年12月11日、Nさんは75歳にして、ホノルルマラソンのスタートラインに立っていました。あれだけ反対していた奥さんとともに。

 

復路のダイアモンドヘッドの坂をヘトヘトになって登りきったところで、40キロの看板を見た瞬間、突然、腹の底からなんとも言えぬ熱いものが込み上げてきたそうです。

 

過去のいろいろな出来事が一瞬の内に思い出され、

 

「苦しかったかもしれないけど、その出来事のおかげで、今こうして生かされ走れることができるんだ」

 

と思えて、涙がずっと止まらなかったそうです。
打ち上げのとき、一人の若い女性がNさんに話しかけました。彼女はNさんと同じように、肝炎で苦しんでいるとのこと。

 

Nさんはたまらなくなって、彼女の手を握り伝えました。

 

「大丈夫だよ。ぼくも75歳でこんなに元気してる。ぼくみたいに乗り越えていけるよ。幸せになれるからね!」

 

彼女の目から涙があふれていました。

 

Nさんの親がNさんの命を命がけ守ってくれたからこそ、Nさんがあの辛い経験をしたからこそ、彼女の行く先に、希望の灯りがともったのですね。Nさんの目にも涙がにじみました。

 

最後はハグ。

 

ぼくもこの光景を観ていました。 本当に美しかったです。

 

人は誰かのお役に立てたとき、その悲しみが優しさに変わり、苦しみが喜びに変わるんだって思いました。

 

Nさん、ぼくに向かって言いました。

 

「杉浦さん、本当にありがとう。ホノルルマラソン走って良かった。一人で参加してたらこんな喜び、絶対に味わえなかった」
でも、Nさんの次の言葉が・・・。
「杉浦さん、俺75だけど、まだまだ女の人が大好きだってわかった!うれしいー!!!」

 

「奥さん、隣にいるじゃないですか!!!(笑)」
人はいつからでも制限を外せる。

 

自分の責任で、その制限と向き合ってほしい。

 

本当にできないのか。なぜできないのか。もうその制限、実はとっくに解かれているんのではないか。自分が握りしめていただけなんじゃないか。

 

一歩ずつ歩んでいく先に、それを乗り越えられる自分を許してあげよう。

 

これから、元気に、幸せに生きていく自分を許してあげよう。
Nさんの登場する命のマガジン『メッセンジャー38号』
http://www.taka-messenger.com/ 

 

がんサバイバーホノルルマラソン!2017年も開催!日本から応援団も募集中!
http://taka-messenger.com/tm/

 

『メッセンジャー』最新号出ました!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.セルフコントロール力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

杉浦貴之発行『メッセンジャー50号』最新号!

 

テーマは、「セルフコントロール力」

 

先日、熊本で共演し、北海道「がん治っちゃったよ!全員集合!」にご登壇いただく工藤房美さんが登場されています。

 

『遺伝子スイッチ・オンの奇跡』の著者で、子宮がんステージ4からの生還者です。病を乗り越えていくマインド、とても参考になると思います。真実の体験談は腑に落ちます。

 

また、セルフコントロールの大切さ、支える側のマインドも参考になります!

 

注文はこちらからです。http://www.taka-messenger.com/category/messenger

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.がんサバイバーホノルルマラソン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「がんサバイバーホノルルマラソン2017」開催決定!

詳細→http://ameblo.jp/messenger-honolulu/entry-12255143162.html

 


☆☆☆☆☆

 

トーク&ライブ情報!!

 

予定追加あり!!!
各種イベント出演、ワンマンライブ、学校ライブ、講演、がん治っちゃったよ!全員集合!企画など、気軽にご相談ください。また、開催地のご友人にぜひお知らせください。

 

頂いているトーク&ライブの感想です。
http://www.taka-messenger.com/blog/kannsou.html

 

4月20日 愛知県岡崎市

 

4月22日 愛知県刈谷市

 

4月23日 愛知県安城市「cobaco ne cobaco」

 

4月25日 岐阜県大垣市

 

4月30日 宮城県大崎市

 

5月2日 宮城県登米市

 

5月3日 岩手県北上市

 

5月6日 静岡県静岡市「おのころ心平&杉浦貴之」

 

5月14日 愛知県豊橋市「則武謙太郎&杉浦貴之」

 

5月21日 北海道札幌市「がん治っちゃったよ!全員集合!」

 

5月22日 北海道函館市

 

5月23日 北海道函館市・3時間セミナー

 

6月4日 愛知県名古屋市「小澤康敏&織田英嗣&杉浦貴之」

 

6月11日 東京都「杉浦貴之トーク&ライブ with 山西哲郎」

 

6月18日 静岡県静岡市「則武謙太郎&杉浦貴之」

 

7月9日 大分県大分市

 

詳細⇒http://www.taka-messenger.com/event

 

●○●○●○●○●○●○●○

 

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版
http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X
メルマガのご友人への紹介、登録、解除はこちらから!
http://www.mag2.com/m/0001675764.html

コメントがありません

感想を書いてくださいね