シングルCD!『チキンハートの唄』、ついに発売! 

シングルCD!『チキンハートの唄』、ついに予約受付開始!

ご予約・ご注文はこちらから!
http://www.taka-messenger.com/orderform

 

2014年1月19日発売決定!

笑顔を届けるハートフルシンガー稲田貴久
&魂のシンガーソングランナー杉浦貴之

28歳でうつ病、28歳でがん宣告から這い上がってきた同級生コンビが贈る、待望のスペシャルコラボCD、ついに発売!

ライブで大好評の名曲、『チキンハートの唄』、『君の微笑み生まれる日まで』 の2曲を収録!!
1000円(税込)

ご予約・ご注文はこちらから!
http://www.taka-messenger.com/orderform

 

 

Produced by
INADA TAKAHISA&SUGIURA TAKAYUKI

Musican
Ecstasy@Hide guitar solo(M1)Gumi violin (M2) Sin Ito drum(M1) Nobuyuki Sano piano(M2)

『 チキンハートの唄』コーラス 阿蘇講平、川島美保、ケンゾー、佐野信幸、杉山さゆり、則武謙太郎、平尾芳美、廣島屋努、藤江法子、山田祥子
arrangements by Sasaki Takayuki
Mixed & Mastered by Sasaki Takayuki
Recording@StudioMutec
イラスト Smile painter Cha-ta http://cha-ta.jp/
題字 則武謙太郎

 

『チキンハートの唄』 作詞:稲田貴久&杉浦貴之 作曲:佐野信幸
~「チキンハートだよ!全員集合!」テーマソング~

弱くたっていい どんな自分も抱きしめて
今の自分で大丈夫 そうさ 僕らはCHICKEN HEART!

臆病者とののしられ 泣き虫といじめられ
泣きながら帰ったあの暗い夜道

家に帰れば親の顔色をキョロキョロと挙動不審
1人部屋にこもり 自分を責めた Chicken Boys & Girls

几帳面とほめられて 優等生とおだてられ
笑いながら通ったあの通学路

ベッドに入れば頬をつたうポロポロと大粒涙
どんなときでも 良い子でいたかった Chicken Boys & Girls

歯をくいしばり 背伸びして歩いてきた
ぬかるんだ道 終わりなきトンネル
今 一筋の光が差してきた

自信なんてなくていい 勇気なんてなくてもいい
いろ鳥どりの人生 君らしく羽ばたけ
弱くたっていい どんな自分も抱きしめて
今の自分で大丈夫 そうさ 僕らはCHICKEN HEART!

馬車馬と煽られて  頑張り屋とはやされて
闇雲に走ったあの日々

我に帰れば 生きる意味さえわからずに泣いていた
突然の病に 少しホッとした Chicken Boys & Girls

自分に嘘をつき いつも他人(ひと)と比べてた
誰よりもはやく 誰よりも遠く
心の悲鳴が今聞こえたんだ

もう疲れたんだね 少しくらい休めばいい
いろ鳥どりの人生 ときには翼たたんで
強さを求めるよりも 弱さを受け入れて
どんな自分も大丈夫 そうさ 僕らはCHICKEN HEART!

無理して元気にならなくていい
いつも前を向いてなくていい
待ってるよ いつまでも 待っているから
その暗闇から逃げないで 逃げ出さないで

後悔したっていい 怯えててもかまわない
いろ鳥どりの人生 君らしくtry to fry
弱いからこそ 出合える宝がある
今の自分で大丈夫 そうさ 僕らはCHICKEN HEART!

自信なんてなくていい 勇気なんてなくもていい
いろ鳥どりの人生 君らしく羽ばたけ
弱くたっていい どんな自分も抱きしめて
今の自分で大丈夫 そうさ 僕らはCHICKEN HEART!
そうさ 僕らは・・・CHICKEN HEART!

 

『君の微笑み生まれる日まで』 作詞:稲田貴久&杉浦貴之 作曲:佐野信幸

笑いたくても 笑えない
わけもなく涙があふれて
自分の心も操れず
誰かにこの気持ち伝えたくて
体中に傷跡を残した

がんばりたくても がんばれない
こんなぼくは生きてていいの?
誰の役にも立てなくて
周りのみんなが幸せにみえた
ぼくは不幸の主人公

許してください ごめんなさい
これが最後と親に宛てたあの手紙
涙も枯れる苦しみから
ただただ逃れようとしていた

「もう死にたい」でもその言葉にはたくさんの「生きたい」が詰まっている
一人が不安なときには 共に歩こう 共に生きよう
君の微笑み生まれる日まで
ぼくは君のそばにいるよ

握りしめたこぶしの中に
怒り、悔しさ、悲しみがある
そっとほどいて話を聞かせてよ
君の力になりたいから
重荷でさえ分け合いたいから

空を飛ぶような勇気があるなら
思い切って海を渡ろう
君のこと誰も知らないどこかで
やり直せる すべてを失くしたとき
無限の可能性広がる

泣いたままでいい 生きていこう
君の涙が誰かの心を潤してる
君の命の灯りが
誰かの心温めている

「もう死にたい」でもその言葉には たくさんの「生きたい」が詰まっている
本当の自分を 生きられる場所 見つかるさ 共に探そう
君の微笑み生まれる日まで
ぼくは君のそばにいるよ

君の涙にありがとう
君の悲しみにありがとう
君の命にありがとう
生きててくれて
生きててくれて
ありがとう

「泣きたい」でもその言葉には たくさんの「笑いたい」が詰まっている
「もうダメだよ」その言葉には たくさんの「希望」が詰まっている
「もう死にたい」でもその言葉には たくさんの「生きたい」が詰まっている
一歩ずつでいい この世界を さあ一緒に 歩いていこう
君の微笑み生まれる日まで
ぼくは君のそばにいるよ

【稲田貴久プロフィール】
1971年愛知県半田市生まれ。常滑市在住。
度重なるストレスから28歳の時に重度のうつ病を発症。自殺未遂を試みるも九死に一生を得る。闘病生活から得た貴重な経験を曲にして歌い、行政・学校などを中心にトーク&ライブ活動を展開すると同時に東日本大震災チャリティー活動にも力を入れ、多くの人に生きる希望と笑顔を届けている。
新聞・ラジオ・テレビ・雑誌などメディアにも多数出演。
稲田貴久ホームページ http://www.komorebi-i.com

 

【杉浦貴之プロフィール】
1971年生まれ、愛知県岡崎市在住。シンガーソングランナー&命の雑誌「メッセンジャー」編集長。28歳で特殊な腎臓がんを患い、「余命半年、2年以上の生存率0%」宣告。病気から14年以上経った現在、「命はやわじゃない」を伝えるため、がんになる前より元気になり、トークライブ、学校での講演、メッセンジャーの取材と全国を駆けまわっている。テレビは「奇跡体験!アンビリーバボー」、「誰も知らない泣ける歌」「24時間テレビ」など多数出演。2010、2011、2013年と「がんサバイバーホノルルマラソンツアー」を主宰。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」(かんき出版)を出版。
http://www.taka-messenger.com/

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね