逃げられないなら抱きしめてやろう IN 沖縄

今、愛知に戻ってきました。沖縄、最高でした~!
3泊4日、ほとんどが、空港、ホテル、トーク&ライブ会場の間の移動で観光は全くしていませんが、たくさんの素敵な人に出会えて、たくさんの感動を味わえて幸せでした。

昨日は、浦添市「てだこホール」でのトーク&ライブ。主催者の皆さん、出会えた皆さん、ありがとうございます。

トーク&ライブで、ぼくは割りと自分のことを赤裸々にさらけ出します。ハレンチのネタばかりでなく、生い立ちから心の奥まで。ただ今バスの中で、いろんなシーンが回想されて、その「恥ずかしさ」 に悶えております。

トーク&ライブでイチローのことに少し触れました。イチローは8年連続200本安打を達成したとき、こんなことを言っていました。

「子どもたちに背中を見せるだけではダメ。ぼくは、女性を意識することが生きるモチベーションになっている」

ぼくの病気が回復していく過程も同じだったと話し、イチローと同じセリフを言ったのですが、思わず顔がニヤけてしまい、場内は失笑ムード(笑)。アイタタタタ~~。

「イチローが言うとかっこいいですが、ぼくが言うとなんかエロいですね~」

と、すかさず自分でナイスなフォロー~~!?

温かい感想をたくさんいただきました。

ついしゃべりすぎて、DVDの上映を含め2時間半もやってしまったのですが、

「短すぎた」

嬉しいです。

70代の女性が、

「もっと自分に自信を持とう。もっと自分と向き合っていこう」

と書いてくれました。70代ですよ!恐縮に感じながら、なんて素晴らしい人だと思いました。自分が70歳になったとき、そんなことが言える自分でいたい。

開演前、会場になったホールのスタッフで、とても嫌な空気を出している人がいました。文句タラタラで、嫌々仕事してるのが、ぼくの目からはっきりとわかりました。

一人こういう人がいると本当に気分が落ちるんです。自分のトーク&ライブのせいで、彼は気分を悪くしてるのだから。

どうやって気分を上げようか?このままの状態だったら、来てくれているお客さんに申し訳ない。

あばれはっちゃくのように逆立ちはしなかったけど、控室でランニングをしていたら、パッとひらめきました。ぼくはこうしました。

最初の挨拶で、

「今日この会場に足を運んでくださった皆さん、主催者の皆さん、本当にありがとうございます」

の後、

「そして、会場のスタッフの皆さん、今日は本当にありがとうございます。これからよろしくお願いします」

と、壁の向こうのスタッフの方々に頭を下げて伝えました。

伝わったかどうかわからないけど、ぼくの気分はすっきりして、その後のステージを楽しくつとめることができました。

困ったら懐に飛び込め!

逃げられないなら抱きしめてやろう!

ですね。

沖縄の皆さん、本当に温かかったです。

沖縄のことをもっと知り、沖縄のスピリットをもっと味わいたいと思いました。

写真は、かなり最高な男、元樹。てんつくマンDVDでぼくのことを知ってくれて、その後メッセンジャー読者になり、今回駆けつけてくれました。

コメントがありません

感想を書いてくださいね