『Dear children』寝屋川市立友呂岐中学校でのトーク&ライブ、無事に終了しました。

384621_10150538088677316_1890785706_n

おはようございます。
11月19日、寝屋川市立友呂岐中学校でのトーク&ライブ、無事に終了しました。
大阪府の教育長さんや議員さんもたくさん来られていましたが、構わずブリブリネタやりました。
反応が気になりましたが、とても好評で、何より校長先生が絶賛してくれました。
この日は、「夢を語れる人!」と、子どもたちに手を挙げてもらい、前に出てきてもらって、夢をみんなの前で発表してもらいました。
最後は、自分の夢が湧いてきて、叶えさせてもらいました。
ここの中学校の3年生女子はダンスで全国優勝しています。
メンバーみんなに舞台に上がってもらい、『Dear children』の踊りを振り付けし、学生、先生、教育長さん、議員さん、みんなで踊りました。
何だかんだ、実は「がん教育」の一環だったのですが、これでよかったのだと思います。
自分の役割は、自身の無限の可能性、偉大な力に気づいてもらうこと。
未来、壁にぶち当たったとき、例えば、病の宣告を受けたとしても、人間の可能性を信じて乗り越えていってもらいたい。
自分が28歳でがんが発覚したということは、10代でその芽は出ていたということです。
子どもたちの中の病気の芽を少しでも摘んであげられたらと意識します。がんだけでなく、心の病も。
人間は生きているだけで価値があること、誰かに喜びを与えていること。
失敗を恥としなくていい。誇りにさえ思えばいい。失敗で自分を責めるなら、そこにどんな宝物が隠れているか探してほしい。
「自分を好きになれ」と言ってなれるもではありません。
「あなたが生きているだけで嬉しい」と伝えあい、失敗をおおらかに許容される場が出来て、少しずつ、自己の存在を肯定できていくのだと思います。
溜め込まず弱音を吐くこと、愚痴を吐くこと、一人で抱え込まないこと。
何世代に渡って、命がけの思いの中でつながり、無償の愛の中でつながり、守られてきた命だと知ること。
そのすべてが、病気の芽を摘んでいると思います。
そんな思いを込めて、最後『Dear children』で盛り上がりました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「Dear children」
作詞:杉浦貴之 作曲:川島憂子  編曲:前田雄吾&榊原ゆかり
届け 届け 君の想いよ
響け 響け 遥かな空へ
届け 届け 君の祈りよ
響け 響け 遥か宇宙へ Dear children
テレビの中のヒーローに憧れるより
リアルな世界で 輝く星を探せ
夢は未来の現実 ありありと描け  Love children
人生見切り発車 ダメもとでいいさ そうさ 今走り出せ
描け 描け 今その手で
輝け 輝け 君の瞳よ
描け 描け 無限の夢を
輝け 輝け 君の命よ  Dear children
テレビの暗いニュースに悲しみ覚えたら
君に宿る命で 世界を照らせ
君がそこで笑えば 命の花咲く Love children
人生晴れ舞台 楽しめばいいさ そうさ 今咲き誇れ
信じて 信じて 君の力を
感じて 感じて 命の息吹を
信じて 信じて 君の強さを
感じて 感じて 熱い鼓動を  Dear children
失敗をおそれるな まずはやってみろ
何度でも転べばいい その度につかめ 君だけの宝を
信じて 信じて 君の力を
感じて 感じて 命の息吹を
信じて 信じて 君の強さを
感じて 感じて 熱い鼓動を
届け 届け 君の想いを
響け 響け 遥かな空へ
届け 届け 君の祈りよ
響け 響け 遥か宇宙へ Dear children
⭐️⭐️⭐️
大阪で2月にカフェでトーク&ライブしますよ~。詳細後日。
また関西ツアーになったらいいなとも思い、前後、他地域で主催してくださる方を募集しています。どうぞよろしくお願いしますー。
【今後の一般参加可のライブスケジュール】
11月29日(日)宮崎県宮崎市
12月6日(日) チキンハートだよ!全員集合!豊田!
1月30、31日 寺山心一翁&杉浦貴之
詳細はこちらです!

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね