がんサバイバーホノルルマラソンツアー、53名、誰一人欠けることなく、完全完走

2011__

初の自伝「命はそんなにやわじゃない」(かんき出版) 、マゾンに大阪のみうらクリニックの三浦先生が素敵なカスタマーレビューを書いてくれました。

「『病気治しの教科書』と言っても過言ではない」

「28歳男性の青春記として読むことのできる 」

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/476126800X/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

書いていただいた内容も、この本がそうであってほしいというぼくの思いとバッチリ合っています。嬉しいです。

もしよろしければ、読まれた皆さん、レビューを書いてもらえたら嬉しいです。

さて、がんサバイバーホノルルマラソンツアー、53名、誰一人欠けることなく、完全完走、完全完笑、達成しました!

ホノルルマラソンを夢見て走ったがんサバイバーさん、家族、サポーターさん、本当におめでとうございます!

遠くから応援してくれた皆さんの思いも届き、背中を押してくれていました。ありがとうございます。

参加者の皆さんは、昨年同様、宝物のような時間を過ごすことができましたね。

これからの人生、何かあればあのがんばった42.195kmを思い出してください。

きっと自信を持って、乗り越えていけるはずです。

また、何かあったら、ともに感動を共有した仲間の顔を思い出してください。

きっと、寄り添って、ともに泣き、笑い、背中を押してくれるはずです。

命はやわじゃない。君はひとりじゃない。

?
?

ぼくもサポートしていた最終ランナーグループ。
中学3年生、難病を持っていて、今年3月は車椅子だったゆうくん、

小学6年生の全盲のわかなちゃん、

をサポートしていました。

約14時間40分、ホノルル参加者全体の最終ランナーとして、見事、完走を果たしました。

2人の子どものあきらめない心に、逆にぼくらが支えられていました。

大人もあきらめたらいかんって思いました。

そして、最後はたくさんのチームメッセンジャーの仲間がゴールで出迎えてくれました。
?
全盲のわかなちゃんは、ずっとママや仲間の手引きで歩きました。?
?
しかし、最後だけはママの手を放し、ママは先にゴール。

一歩一歩、後ろにいたこうたくんの言葉で、ゴールに向かうわかなちゃん。

?

ゆっくり、ゆっくり、一歩一歩。

そして、たくさんの仲間が見守る中、わかなちゃんは、ママの胸に飛びこんでいきました。

みんな号泣。

わかなちゃん、テレビ局のインタビュアーの、

「どんな気持ちですか?」

の質問に、わかなちゃんが泣きながら最初に言った言葉は、

「チームでなければゴールできませんでした!支えてくれた皆さん、本当にありがとうございます」

自分のことではなく、まず初めに、周りに感謝できるってすごいですね。

昨年のツアーと同様、愛でいっぱいのツアーになりました。

本当にありがとうございます。

詳しいことはまた、書きますね!

?

わかなちゃんのゴールシーンが、TBSのホノルルマラソン特番で、使われるかもです!1月9日です!!

エピソードは順次、紹介していきます。

※※※※※※※※※※※※※※※

杉浦貴之トーク&ライブ情報!

歌姫、わかなちゃんとの共演あり!

ホノルルでのわかなちゃんの感動のエピソードが聞ける!

12月18日(日) 名古屋・モリコロチャリティイベント

☆時間  10:00~17:00

大嶋啓介氏、井上敬一氏ほか、たくさんの講師陣による講演。

ぼくは、14:00~14:50

☆場所 愛・地球博記念公園内 地球市民交流センター
(愛知リニモ、万博駅より徒歩5分)

☆内容  マラソン、講演会、コンサート、大道芸、出店等を開催。
その収益金を義援金として、東北支援をするNPOを寄付。

☆主催  愛(チャリティー)の聖地、モリコロパークへRun For Peace実行委員会

☆チケット代 大人3000円/1人(中学生以下無料)

☆ 他の出演者は、申込はホームページ参照
http://morikoro-runforpeace.com

○●○●○●○●○●

メッセンジャーはここからゲットできます。1冊300円 定期購読は送料、通信、愛情込み2500円(3ヶ月に1回発行)
http://www.taka-messenger.com

●○●○●○●○●○●○●○

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください。「杉浦貴之命はやわじゃない!」 00553107s@merumo.ne.jp

コメントがありません

感想を書いてくださいね