しょうがないことなんて、何もにない

05053097.JPG

05053097.JPG

<12月1日の日記>昨日、今日と、メッセンジャー取材、リハーサルなどで関東に行っていました。

?

今、帰る途中。

がんサバイバーにいっぱい会いました。

まずは、24歳の大野くん。
彼は16歳で急性リンパ性白血病にかかる。

折しもその頃は、映画「世界の中心で愛を叫ぶ」が大ヒット中。

映画の主人公は、大野くんと同じ16歳で白血病。最後は亡くなってしまうという悲しいストーリー。

大野くんは、主人公と自分を重ね、大きなショックを受ける。自分も同じ運命なんだなあ、と。

そんなとき、またもや、テレビのドキュメンタリで白血病患者が写し出される。
映画と同じく、また死んでしまうんだなあと思って観ていると、

その主人公は全く違った。めちゃくちゃポジティブで、その方の言葉に、姿に、大野くんの心はわしづかみにされた。

こんな言葉に、大野くんのスイッチが入る。

「しょうがないことなんて、何もにない」

白血病だからしょうかないなんてことはない。

白血病だからできないことなんてない。

そう思ったらどんどん元気になっていったという。

テレビや映画や本。

どの情報を自分のものとするかで、現実は大きく変わる。

大野くんとは、14ヶ月かけてアジアを旅し、帰ってきたばかりの頃、ぼくと会いました。

なんでも、中村文昭さん主宰の「耕せにっぽん」の元リーダーのおたまとカンボジアで会い、ぼくのことを聞いて、平塚のライブに来てくれたのです。

ご縁です。次号のメッセンジャーに登場してくれます。

大野くんとともに、がん患者であり医師の野見山先生に会いました。

めっちゃ元気でした!

「がんが消える人ってけっこういるんだよね~」

がんを治す秘訣を言われました。

がんが治ったと思い込むこと。

がんが治ったかのように振る舞うこと。

びくびくしない。今どんな状態だろうかとか、いちいち気にしない。

自分は大丈夫だと思い込もう!気にして、病気にフォーカスしすぎるのがよくない。

野見山先生は、植林に、マラソンに、バイクに打ち込んだ。

大野くんは、旅に夢中だった。

口癖はこうしよう、

大丈夫、大丈夫!

気にしない、気にしない!

大野くん、野見山先生と別れ、向かったのは、双子のママのちかさん宅。

ちかさんは、自然治癒がんサバイバー。

手術はせず、自然の力で、人間本来の力で治す選択をする。

あまりの変化に、なんと、がんであったこと自体が疑われ、がんセンターを追われてしまう。

そんなことあり?

ちかさんのことは次回書きます。

今、家に着きました~

あさひ、芽、ただいま~

また会えてよかった~。当たり前じゃないもんね。今日も生きててくれてありがとう!

おやすみなさい。

新年最初の愛知でのトーク&ライブは、武豊町で!!
■□■□■□■□■□
1月16日(土) 愛知県・武豊町トーク&ライブ

☆時間 19:00開場  19:15開演(21:15終演予定)

☆場所 武豊ゆめたろうプラザ(響きホール)愛知県知多郡武豊町字大門田11番地
http://www.town.taketoyo.lg.jp/kaikan/index.html
0569-74-1211
☆料金 前売2000円 当日2500円 (未就学児の入場はご遠慮いただいています)
☆お申込・お問合せ HINAの会 hinanokai4181handa@yahoo.co.jp  
080-1601-1209または090-4865-7900 武井尚美・稲垣久代

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

その他イベント出演予定!

http://www.taka-messenger.com/event

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メッセンジャーのご注文はこちらにて!

http://www.taka-messenger.com

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください~。

「杉浦貴之
命はやわじゃない!」
00553107s@merumo.ne.jp

スベり知らずのもみあげ文字職人・誠ちゃん、マネージャーのたなやんも、同時にメルマガを始めました。御ひいきによろしくお願いします。

☆杉浦誠司のメルマガ
「めっせー字~夢・ありがとう~笑いスギ日記」
00553108s@merumo.ne.jp

☆田中悠
「W杉浦を世界へ!マネジャたなやん日記」
00553139s@merumo.ne.jp

コメントがありません

感想を書いてくださいね