フリートークよりむしろ笑えます・・・(涙)

年賀状が終わらず、PCの前になかなか向かえない日々が続いています~。

先日、とっても素敵な「書」に出会いました。

3番目は「心」です。

12月26日、遊彩書道家の安形憲二さんに会いに、鳳来町まで行ってきました。安形さんはもともと、あさひの「ティウロン村の笑顔を守りたい」の活動を応援してくれていて、今回はあさひがぼくを紹介するために連れていってくれました。

安形さんの書は、

「とにかく自由、そして形にとらわれていない」

さらに本人曰く、

「デタラメ」なのだそうです。

「デタラメ」というのはおそらく安形さんなりの照れ隠しで、「無」の境地で書いている(描いている)ということなのだと思う。

安形さんの他の作品。http://yusho-agata.com/

そんな安形さんが言っていました。

「突然、書を書き出して6年になるけど、4年目くらいから字がうまくなってきて困ってるんだ」

字がきれいになると、人に与える感動も小さくなってしまうのだという。なるほど、「よく見られたい」という思いが「自分らしさ」を消してしまい、人の心にも響かなくなってしまうのですね。自分の「歌」や生き方にも当てはめて考えてみました。

「よく見られたい」と思わなくても、人はもともと「素敵」。自分がまず、自分を「よく」見てやる。自分を信じて、もっと自由に、形にとらわれずに歌っていこう、生きていこうと思えました。

ときには、デタラメで!

今住んでいる町、岡崎でトーク&ライブをします!

これは、従来のトーク&ライブと違って、フリートーク&ライブ歌語りの二本立てです!!

「歌語り」は、安達充さんと共演した「ライブ人生脚本」が元になっていて、自分のライフストーリーをゆかりさんのピアノに載せて朗読し、ストーリーの間に歌を挟んでいくというものです。

朗読といっても、爆笑ネタ盛りだくさんで、むしろ、フリートークよりも笑えます(涙)。なので、このライブの説明は、

「スベる“フリートーク”とスベらない“歌語り”のたっぷり2時間!!」

となっています。

杉浦貴之トーク&ライブ  ~いのちの花咲かせましょう~  (ピアノ:前田ゆかり)

 いのちはやわじゃない いのちはしぶとい いのちは温かい
 いのちは優しい いのちは不思議 いのちは奇跡 素敵ないのち

    あたなのいのちが輝きますように

☆と き 2009年1月23日(金) 19:00開演(18:30開演)

☆ところ りぶら(岡崎市図書間交流プラザ)ホール

☆入場料 【前売り】大人2500円 小中高生1000円
      (当日はそれぞれ500円増し)
      未就学児無料お膝にてご覧いただけます

☆チケット取扱店  石川ファーム直売所さん(上佐々木町)、ききょうやさん(戸崎町)、モノンクルさん(滝町) 、はなのき村さん(宇頭町)、美容室Skipさん(稲熊町)、ブティック中屋さん(籠田町) フランボワーズさん(若松東)。

☆主催 チームメッセンジャー岡崎

☆お問い合わせ 090-5111-9108(鈴木)
 Mixiメール  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=585279

☆その他イベント出演予定!

http://www.taka-messenger.com/event

コメントがありません

感想を書いてくださいね