昨日はメッセンジャー創刊号を発刊した記念日でした

384621_10150538088677316_1890785706_n

昨日はメッセンジャー創刊号を発刊した記念日でした。10周年です!

チームメッセンジャー岡崎の仲間がささやかにお祝いしてくれました。ありがとうございます!

皆様のおかげで10年間続けることができました。

雑誌づくりはまったくの素人でしたが、想いを伝えていくとたくさんの方が応援してくれました。編集ソフトの使い方、HPのつくり方を教えてくれる人、広告を出してくれる人、取材に応じてくれる人、購読してくれる人・・・。

 

表紙の写真は、お笑い芸人のゴルゴ松本さんの命ポーズ。

 

無断ではいけないとゴルゴ松本さんの事務所に電話をしたら、

「松本が出演ですか?表紙のモデルですか?」と言われたので、

「いやいやぼくが命ポーズをします!」と伝え、雑誌の主旨を説明したら、快くOKを出してくれました。

ゴルゴさんも今、命の講演をされていますよね。いつかコラボしたいです。

 

「メッセンジャー」というタイトルを調べると、誰もが知る大手自動車メーカーの社内報で商標登録がされていました。

無断で出すのも心が引っかかったので、思い切ってその会社に手紙を書いてみると、なんと返事をいただきました。

「あなたの雑誌の対する想いに賛同します。主旨が変わるようでしたらすみやかに連絡をいただければ結構です。ご自由にお使いください」

命ポーズも、「メッセンジャー」というタイトルも、後ろめたい思いをすることもなく、堂々と使うことができました。

 

ここに書いてある言葉。

「“命”は人が一度叩かれると書きます。叩かれ、打ちのめされても、何とか立ち上がった、または立ち上がろうとしている人の想いを伝えます。伝えたいのは“命のしぶとさ”」

今も変わっていないです。

命ははかない。命はやわじゃない。どちらにも揺れるのが命だけど、命の可能性に焦点を当てています。さらに言えば、儚さも強さも超えて、命の輝きを伝えています。

いつまで続けられるかわかりませんが、誰かの笑顔に繋がったり、誰かの一歩踏み出す勇気になったり、

自分自身の可能性を信じるきっかけになったり、少しでもお役にたてたら嬉しいです。

 

『メッセンジャー』創刊号の感想
http://homepage2.nifty.com/taka-messenger/dokusya.html

 

『メッセンジャー』をぜひ読んでみてください~!
http://www.taka-messenger.com/

 

5月30日(土)
『メッセンジャー』創刊10周年記念イベント

≪命の神髄≫ ~医療の神髄・病の神髄~in岡崎
寺山心一翁&畑地美妃&杉浦貴之

http://kokucheese.com/s/event/index/245439/

 

コメントがありません

感想を書いてくださいね