9月23日「第5回 がん治っちゃったよ!全員集合!」in 岡山

384621_10150538088677316_1890785706_n

9月23日「第5回 がん治っちゃったよ!全員集合!」in 岡山

 いよいよ、あと3日!毎回大好評をいただいています。

第1回「がん治っちゃったよ!全員集合!」の参加者でこんな女性がいました。

 
抗がん剤治療中、嘔吐が止まらない中、ご主人に無理やり連れてこられたそうです。
 
しかし、いやいやでの参加だったのに、帰るころにはスイッチが入り、ルンルンだったといいます。
 
彼女にこのイベントを紹介してくれた、とある病院内のカフェのオーナーさんが言っていました。
 
 
「友人がこのイベントに参加して、大きな勇気をもらって帰ってきました。深々と暗い色の帽子をかぶって、いつも顔を隠していた彼女が、今朝は帽子もメガネも取って、明るい服を着て、イベントの報告にやってきてくれました! 一歩を踏み出す勇気をいただいたようです」
 
 
その女性と再会した時「一人じゃないって思えた。あのとき変わることができた!」と報告してくれました。
 
これまで3回の開催で、このようにスイッチが入り、自分自身に命の主導権を取り戻し、自分自身の無限の
 
可能性に気づき、力強い一歩を踏み出して行かれた方がたくさんいます。
 
ここにも全体が網羅された感想があります。
 
 
 
岡山での初開催!シェアどうぞよろしくお願いします。必要な方に情報が届きますように。

>>> ついに、岡山開催決定! <<< 

応援よろしくお願いします。シェアもよろしくお願いします。全国どこでも開催できます。「わが町でも!」と言ってくださる方、希望を広げてくださる方、気軽にご相談ください。

taka-messenger@nifty.com
(日本がん治っちゃったよ協会・杉浦)

11392925_439497679553691_6712438489098850359_n

9月23日(水・祝)
希望の祭典!「第5回 がん治っちゃったよ!全員集合!」in 岡山

~ガンのイメージが変わる1日! 余命宣告・ステージ4生還者は語る~

「あの人は特別だから」「あれは奇跡だから」

たった一人の体験を語るとき、度々、この言葉が返ってきます。

この日は、余命宣告・ステージ4のがんから生還した方や、 がんから自然治癒した方、根元医療の研究を続ける医師などに登場していただきます。

「あの人は特別ではない。それは奇跡でもなく、誰にでも起こり得ること」

そう感じていただけるはずです。

「人間の無限の可能性」に気づき、生き抜く勇気、生き抜く力があふれ出る一日となるでしょう!

「医療が変わるのを待つのではなく、患者が医療を変える」そんな第ー歩を踏み出します。

大きな感動を呼んだ第1回名古屋公演、第2回宮崎公演、第3回名古屋公演。第4回は大阪公演。 第5回は岡山にて、初開催。

講演、歌、音楽、トークセッション、質疑応答と、盛りだくさんな企画をご用意しています。

笑いと希望に満ちあふれた祭典にどうぞお越しください!

☆出演者☆

春名伸司
【Ⅳ期の中咽頭がんから15年!】~がんになっても一病息災~
『がんの手術をする前に』(創元社)
帯津良一 春名伸司 共著

杉浦貴之
【余命半年の腎臓がんから16年!】~命はそんなにやわじゃない~
魂のシンガーソングランナー

小島七海(Toshi&七海)
【子宮頸がんから自己治癒力を高める方法で快復!】~子宮から地球へ~
ミュージシャン

堀口 裕
【根元医療を目指す医師】
堀口医院院長

織田英嗣
【5年間生存率20%の食道がんから8年!】
「がん患者さんとともに歩むめぐみの会」代表

ーーイベント詳細ーー

☆日時☆ 2015年9月23日(水・祝)

開場12時20分 開演13時 終演17時15分

☆場所☆ 岡山県総合福祉会館 大ホール 岡山市北区石関町2-1

http://www.fukushikaikan.jp/index.html
☆料金☆ 前売 2500円  当日3000円

☆お申込み☆

http://kokucheese.com/event/index/293185/


すでに休日に入りましたので、当日お支払いください!!

<杉浦貴之(すぎうらたかゆき>

1971年愛知県生まれ。28歳にしてがん宣告、手術。進行が著しく、余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」。2005年、がん克服者の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010年~2014年、がんサバイバーホノルルマラソンを主宰し、全員完走・完笑! 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。2011年『命はそんなにやわじゃない』(かんき出版)を出版。http://www.taka-messenger.com/

<Toshi&七海(としあんどななみ)>

ディジュリドゥ、ネイティブアメリカン・フルートなど、民族楽器をはじめ、シンセサイザーなど多様な楽器の即効演奏と、自作曲ギター弾き語りで、「いのちの大切さ」 「自然との共生」をテーマに全国的に音楽活動をしている。2人の音楽は予防医療的効果もあると多くの医師からの支持を受けている。小島七海さんは2014年に初期の子宮頸がんが発覚し、医師から子宮全摘を告げられるも、自己治癒力を高める方法により、1年で自然治癒し、快復。
http://www2.odn.ne.jp/~aab66220/ftp.odn.ne.jp/

<堀口 裕(ほりぐちひろし)>

医療法人社団健翔会 堀口医院 理事長兼院長。1959年北海道北見市出身。1983年室蘭工業大学工学部第2部機械工学科卒。1992年川崎医科大学卒業後、医師免許取得。長年に亘り空気中のネガティブ(マイナス)イオンの生理的作用について詳細に研究。現在、独自に開発した細胞内検査と還元電子療法を駆使し、病気を治す根元(ねもと)医療を目指して国内外で活動している。

<織田英嗣(おだ えいじ)>

1963年生まれ、愛知県愛知郡東郷町在住。平成18年食道がんになり15時間の大手術を行うが、5年間生存率20%前後と知る。その後、「生き方」を180度変えたことで、持病だった高血圧・肝障害・うつ病・アルコール依存症も完治。がんになる以前より身体も心もはるかに健康になり、がん患者さんと共に歩む〝めぐみの会”を立ち上げる。
http://www.odaeiji.com/

コメントがありません

感想を書いてくださいね