夢を予定に変える

taoru-2?

前回の日記にこんなことを書きました。

「自分の未来を連想する」

11年前、がんで入院してる頃、トイレに行くのも辛かったとき、

その一歩一歩のゴールが便器ではなく、ホノルルのゴールだと連想できたとき、

その復活の一歩一歩が本当に力強いものになった。

今年の12月に計画している、「命はやわじゃない!」がんサバイバーホノルルマラソンツアーは、たくさんの人に、そんな素敵な連想をしてほしかった。

だから、新年早々から参加者を募ったのです。

そして本当に何人かの方が、ホノルルのゴールを連想して、辛い治療を乗り切り、今回出場してくれます。

その中の一人に、以前も紹介した滋賀県在住のIさんがいます。

Iさんは、昨年の2月、末期のがんで、余命は早くて3ヶ月、年は越せないだろう、と言われていました。

それから約2年、彼女はめちゃめちゃ元気、笑顔が素敵で、とても輝いています。

旦那さんや周りののサポートで、病を向き合うことを決め、彼女は旦那さんと夢ノートを作りました。

そこには、彼女とってワクワクする、楽しいことがぎっしり。

ディズニーランド、USJ、ランチ、旅行の予定。

とにかく、やりたいと思ったこと、好きなことをやりまくったそうです。

彼女の予定表には、かなり先までの予定が書かれていました。

2010年4月10日、結婚式。これは、見事達成。

2010年12月12日、ホノルルマラソン完走。

201?年、子どもがいる。名前も決めています。

201?年、がんを治した体験を講演している。

201?年、本を出している。

この夢ノートを書いた頃、Iさんはぼくと出会っていません。

つまりIさんと旦那さんは、この夢ノートに「2010年12月12日、ホノルルマラソン完走」と書き込んだことで、僕との出会いを引き寄せ、夢が向こうからやってらきたのだと思います。

先日一緒に食事をした、メンタルコーチの筒井アニキが言っていました。

「夢を予定に変える」

彼女たちは、夢をありありと描き、夢を予定に変えたのです。

素晴らしいのは、旦那さんの愛でした。彼女も、「彼の愛でここまでこれた」と言っていました。

次号、11月発売のメッセンジャーで、Iさん夫婦は、「『がんは愛に弱い』は本当だった」というタイトルで、原稿を書いてくれています。

「本を出している」という夢も半分叶うのかも知れませんね。

彼女はこんなことを言っています。

将来の楽しいイメージを頭の中に描き、実際に紙に描き、ワクワクしたらその方向にどんどん導かれていきます。

夢を叶えるために必要な仲間にもどんどん出会っていきます。

何度も引き寄せに成功しているラッキーな私は、これからもどんどん夢が叶っていくことでしょう。

そして、あるときこんなことも。

「思いは叶うんです。さっきも急須がほしいなあ~と思っていたら、すぐに現れてくれて・・・」

素敵!?

昨日は、障がい者、ご老人、育児の方、困っている人を支援する、愛知県安城市のNPO法人「えんご会」の10周年記念イベントで、トーク&ライブをしました。

みなさんが、本当に温かかったです!自分の10年の歩みと重ね合わせました。

「10年経って元気になり、三本の足でしっかり立っでいます!」

今日も手話通訳さん泣かせのトークでした~。

「うんこお漏らし」とか、大変だっただろうな~。しかもトークの内容はすべてOHPで表示されていて、恥ずかしかった~~。

「ディアチルドレン」のときは、えんご会代表の神谷さんのダンシング手話!盛り上がりました!

これ、めっちゃ最高!また、コラボしたいです!!

この日のために曲ができました。

障がいを持つ子どもたちの言葉を参考に、詞をつくり、同級生ピアニストゆかりんが作曲してくれました。

子どもたちと舞台で一緒に歌いました。
?
<心音(こころね)>
?
ぼくに生まれてよかった あなたと出会えてよかった
だってぼくはこんなに 愛されているんだから

決して偶然じゃない ? ぼくは不幸でもないよ
うまく言えないけど ぼくの笑顔がその証だよ

誰かと比べたりしないで
ゆっくり ?自分の道を 歩いていく

ぼくに生まれてよかった あなたと出会えてよかった
だってぼくはこんなに 愛されているんだから
思い切り笑って 思い切り泣き叫んで
今という瞬間(とき)を 思い切り生きている
あなたが繋いでくれた 命 輝かせるから

うまくいかなくても 焦らなくてもいいよ
ぼくはあきらめないから そっと見守っていてほしい

誰かと比べたりしないで
ゆっくり ?自分の道を 歩いていく

もう泣かなくていいよ ?自分を責めたりしないで
だってぼくはあなたを  選んで生まれてきた
思い切り笑って 思い切り泣き叫んで
あなたを幸せにするために生きている
闇がぼくを包むけど ?光は届いてるから

生んでくれて 育ててくれて ありがとう
感謝を込めて あなたに捧げる心音(うた)
心からのメッセージ
ずっと ずっと 一緒にね
幸せでいようね

ぼくに生まれてよかった あなたと出会えてよかった
だってぼくはこんなに 愛されているんだから
思い切り笑って 思い切り泣き叫んで
今という瞬間(とき)を 思い切り生きている
あなたが繋いでくれた 命 輝かせるから
ぼくが選んだ人生 精一杯生きるから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関東の方、ぜひぜひ!告知協力お願いしますー。

星野ゆっきーありがとう!&
「 がんサバイバーホノルルマラソンツアーチャリティートークライブ」

11月21日(日) 杉浦貴之・群馬県トーク&ライブ

☆時間 13:00開演~

☆料金 前売り2000円当日2500円

☆場所 伊勢崎市境総合文化センター

☆主催  群馬わくわくクラブ

☆問い合わせ 五十嵐 09097413000

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

12月4日(土) 愛知県西尾市植林チャリティートーク&ライブ

★第1部 杉浦 亜紗比 ティウ
ロン村植林支援 ミニ・トークショー

★第2部 杉浦 貴之   トークショー & ライブショー(1時間ほど)
【時間】 18時開場 18時半開演 20時終了
【会場】 ?西尾市総合福祉センター  4F(裏面に地図)
住所:西尾市花ノ木町2-1  電話 :0563-56-5900
 
【主催】オイスカ西尾推進協議会
【後援】西尾市 、西尾市教育委員会
【参加費】  無料 (お一人 500円程度の募金をお願いします)
【お問い合わせ先】
★オイスカ西尾推進協議会  斎藤  TEL: 0563-59-7096         

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

11月27日越智啓子講演会
http://www.keiko-mental-clinic.jp/schedule/2010/20101127.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イベント出演情報!

http://www.taka-messenger.com/event

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メッセンジャー32号、好評発売中!

http://www.taka-messenger.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガは空メールで登録できます。ぜひ、お友達にお知らせください?。入院さ?
れているお友達がいたら、ぜひ伝えてください?!

「杉浦貴之命はやわじゃない!」
00553107s@merumo.ne.jp

2 コメント

  1. たみちゃん
    #1

    昨日は、お疲れ様でした。ありがとうございました。楽しかったです。

    早速、車の中でCDを聞かせてもらってます。(歌わせてもらってます)

    また、どこかでお会いできる日を楽しみにブログを覗かせてもらいます。

  2. まつゆきそう
    #2

    はじめまして、になります。
    (コメントなんてしたことがないのですごくドキドキ。)

    <心音>の歌詞を読んで、涙が止まらなくて、それで、感謝をしたくなって書かせてもらいました。

    いわゆる知的障がいと診断された長男(5才)。元気に育ってくれていても定型に発達していかないことに焦りや怒りにとらわれていた1歳から4歳までの毎日。
    その後、療育のおかげと親のかかわり方を変えたことで私たちの生活が暗転から明るさを取り戻しつつあるなかで、
    それでもたぶん、私は無意識にいつも申し訳ない気持ちを抱えているんだと思ったのです、これを読んで。

    でも、大事なのは今を共に生きること。そう教えてくれた気がしました。
    そうしなきゃもったいないねぇ、って。

    将来に対する不安とか、むっちゃあるけど、心配だらけで毎日をただただこなしていくより、楽しい気持ちで満たされた一日を積み重ねていきたい。

    子どもは何をするにも一生懸命。それを見られていることが何よりのしあわせで。
    抱き合った時に伝わってくる「大好き」な気持ち。だから、「大好き」な気持ちで抱き返す。このぬくもりを守りたい。
    ぬくもりを感じているうちは、私も生かされているんだって感じられてることに、気付かされました。

    子どもより長生きはできない親。残していかねばならない子どもへ何ができるか、何を遺せるかが日々の課題であり、宿題。それを考えながらでも、やっぱり、楽しくなくっちゃね、変酋長さん♪
    ありがとう。ほんとに、ありがとうデス!!!

感想を書いてくださいね