生きる覚悟と姿勢でいのちを繋げる IN 刈谷

昨日は、刈谷で行われた「三河活性化イベント」に参加してきました。出演者は、てんつくマン&ナニメン。

ぼくはトークセッションの参加と、てんつくの書き下ろしで歌を歌いました。今日はギターの生伴奏。ギターのチャチャさん、最高でした!!

出演前、ぼくのチャックが開いていて、スタッフの女の子が指摘しくれました。昨日もふんどしだったので、もしかして、中が・・・。

とにかく、超ラッキーなすべり出しでした~!

テーマは「繋げる」。

主催者のみっちゃん、ありがとう!熱いスタッフの皆さん、ありがとう!!「繋げる」・・・スタッフの皆さんが温かい絆で結ばれ、繋がっていることに、まず感動しました。

てんつくマンの話もいつものように面白くて、熱いものも伝わる。ナニメンさんのトークからは、彼の生きる覚悟と姿勢が伝わってきて、襟をい正される思いでした。

「生きる覚悟と姿勢を見せる」そうやっていのちを繋げて生きたいと思いました。

ぼくはトークセッションからの参加。

「人と比べると不幸になる」という話から、ぼくはこんなことを言っちゃいました。

「今となりのてんつくマンがめっちゃ面白いことを言うので、ぼくは比べて凹んでいます。もうこれは反射的なんですね。だからぼくは開き直って、『比べている』自分を認めちゃえって思ってるんです」

『比べる』ことでよくないのは、そのことで自分を責めることだと思います。自分を責めることで、心に傷がつく。

人と比べてしまったとき、ぼくは、考え直して、『自分は自分でいい』というところに持っていきます。「卵子がぼくを選んでぼくがこの世に誕生してきたわけだから、ぼくがぼくである理由があるんだ」と、自分に語りかけます。

『比べる』ことで自分を責めなければいい。『比べる』ことを、自分らしさを発見するチャンスにすればいい。

誰かと『比べて』引き抜いてしまった刀。それで自分を傷つけることなく、自分を掘り起こそう。自分を耕そう。

コメントがありません

感想を書いてくださいね