MENU

ヒーロー画像

WORKS
記事一覧

「第10回『命はやわじゃない!』がんサバイバーホノルルマラソンツアー2020」開催いたします!

日記
noimage
「第10回『命はやわじゃない!』がんサバイバーホノルルマラソンツアー2020」開催いたします!!   今年は5年ぶりに自分の参加します。ツアーの細かい内容はおいおい伝えていきます。   今年はショートムービーではなく、夢と希望しかないドキュメンタリー映画を創りたいと考えています!世界に希望を広げます!   チーメッセンジャー公式HP⇒http://taka-messenger.com/tm/     2015年のショートムービーです!     ほぼ参加しようと考えている・・・くらいで大丈夫です!ぜひ仮申込をして、今年の目標にしましょう。   2020年ツアーの仮申し込みはこちら! https://ssl.form-mailer.jp/fms/dec34195228603   2019年も大いに盛り上がりましたね!   2016年~2019年までリーダーをさくらちゃんこと、藤江法子さんが務めてくれていました。   2020年は私、杉浦貴之が5年ぶりにリーダーをさせていただきます。   間違いなく、笑顔いっぱいの感動的なツアーになります。参加されない方も、どうぞ応援よろしくお願いします。   チームメッセンジャーツアーならではの絆、愛、喜び、優しさ、温もりがあります。世界唯一制限時間のないフルマラソンです。   12月の目標に、自分へのご褒美にぜひ!   <日程> ホノルルマラソン本番、2020年12月13日の前後で5泊7日! 旅程、料金などの詳しい内容は、後日お知らせします。   お仕事の都合などで、出発日、帰国日が前後する場合も対応しています。   【お問合せ】 taka-messenger@nifty.com(杉浦)     “いつかは”ホノルルマラソンではなく、 “今だ!”と感じた方、ぜひ一緒に走りませんか?歩きませんか?   夢を抱き、勇気を持って一歩踏み出してみましょう。想定外のことにチャンレンジし、それを乗り越えたとき、大いなる感動とともに、自分自身の偉大な可能性に気づくことでしょう!   2020年の締めくくり、より輝いた自分に出会ってみませんか?たくさんの仲間と感動を共有しませんか?   サポーターも大募集!どなたでも参加できます!   参加を決意されている方は仮申込をお願いしますー!ほぼ参加します!くらいでも大丈夫です。エントリーした瞬間、何かが変わり始めます。   ケアも充実!(アロママッサージチーム・nao華)   記念の第10回目!   がんサバイバー、家族、サポーター、チームみんなで支え合って、感動を分かち合って、命を輝かせましょう!   2020年の12月、夢をかなえた自分に会ってみたい方、自分の限界を突破してみたい方、仲間と感動を分かち合ってみたい方、誰かの幸せを願いサポートしたい方、ぜひぜひ、参加しましょう!   ホノルルマラソンは世界で唯一、制限時間のないマラソン。10kmのウォークもあります。楽しみながら元気になれます!   「走るほどに元気になったのではなく、走ったから元気になった。命はやわじゃない!」   きっと体感できるはずです。     参加を決意された方、まだ確実でなくても、2020年の目標として設定したい方、希望として掲げたい方もOK!また、まだまだ迷っている方、ホノルルに行けなくても、日本から応援してくれる方、ぜひ、チームメッセンジャーに入ってほしいです。   また、ぜひ参加したい!という方、人数を把握していきたいため、仮申込をお願いします。   キャンセル料などが発生するものではなく、ほぼ確定している方など、決意の証に一歩踏み出す気持ちで、よろしくお願いします。   仮申し込みはこちらから ↓  ↓ https://ssl.form-mailer.jp/fms/dec34195228603   チームではメーリングリストを作り、メンバーで思いや情報を共有し、大会前からみんなでアドバイスし合える 関係を作り、12月の本番まで心を一つにしていきます。練習状況や国内レースの参加などの状況も共有して いきたいです。   また、定期的にイベントを開催し、その中で、医療関係者やマラソンコーチの講演会をしたり、 相談窓口を設置したり 交流会なども行っていきます。   2010~2020年、過去のツアーで、皆さんそれぞれが自分の中ある『偉大なる人間の力、可能性』に気づき、大きな自信を得たことでしょう。   そう、自分の力を制限しているのは、まぎれもない自分自身。できないと決めつけているのも自分自身。   自分自身を信じ切れたとき、自分の想いに、自分の描いた未来に、命は、細胞は必ず応えてくれます。   さらに、一緒にホノルルを走った仲間の間に、強い絆が生まれました。日本に帰ってから、それぞれが繋がり、こんなことを言ってくれる人もいます。   「チームメッセンジャーの仲間はもう家族だね!」   そう、あのホノルルの地で結ばれた強い絆は、これから一生切れることはありません。   ホノルルマラソン中だけでなく、それぞれが歩んでいく人生の中で、家族のように励まし合い、助け合い、支え合って生きていける。   必ず、道はある。一人で進むには困難な道に、希望の光が束になって降り注いでいたら、きっと自信を持って進んでいける。進む道を、仲間と照らし合っていけば、きっと勇気を持って進んでいける。   日本全国のがん患者さん、がん経験者、ご家族、サポーターさん、ご興味のある方、ぜひぜひ、一緒に走って、一緒に元気になりましょう!   リーダー杉浦貴之の想い ↓   ↓   ↓   ↓ http://taka-messenger.com/tm/wish.html   第8回がんサバイバーホノルルマラソンの様子「45名全員完走、全員完笑!」     第7回がんサバイバーホノルルマラソンの様子「56名全員完走、全員完笑!」     第2回がんサバイバーホノルルマラソンの様子「53名全員完走、全員完笑!」       第1回がんサバイバーホノルルマラソンの様子「80名全員完走、全員完笑!」       【参加された方の声】 ↓   ↓   ↓   ↓ ホノルル参加を決め、走り出したら、何も治療をしていないのに、4年間ずっと4桁だった腫瘍マーカーが3桁に下がって正常範囲に近づいた。悪性リンパ腫7回の再発を乗り越え、「余命半年」宣告も軽くクリア!自分のイメージした42.195〓を笑顔でゴールできた。今の私は何でも笑って乗り越えられる気がする。   『がんサバイバーホノルルマラソン』、なんと愛に満ちた、温かなマラソンだったことでしょう。励まし合い、支え合い、 協力し合い・・・、いたるところで、その愛を感じさせてもらいました。個人で参加していたならば、こんな喜びを味わうことはできなかったでしょう。   行くと決めたから行けた。走ると決めたから走れた。完走すると決めていたから完走できた。物事が成就するか、しないかは、決心が強いか弱いかで決まるように思う。その意志決定に宇宙がサポートしてくれていた。   走ると元気になる・・・かなり実感!サバイバーとかサポーターとかもう関係なくて、一人じゃなくて、前にも、後ろにも、横にも、日本からも、そして天からも一緒にゴールに向かう仲間がいる。だから楽しい。細胞ひとつひとつが喜んでいて、ホノルル後のすがすがしい笑顔といったら、もう最幸!こんなにもすばらしい仲間に出逢え、一緒に走れたこと、本当に感謝致します。   「チームメッセンジャー」への参加はこちらから! http://taka-messenger.com/tm/   参加希望の方、参加人数を把握していきたいため、仮申込をお願いします。キャンセル料などが発生するものではなく、ほぼ確定している方など、決意の証に一歩踏み出す気持ちで、よろしくお願いします。  
アメブロ一覧