MENU

ヒーロー画像

WORKS
記事一覧

がん経過観察中、落ち込みそうなメンタルをどうコントロールしたら良いか?

日記

原発不明がん余命3か月から6年、櫻井英代さん

昨日は、オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座《笑いの養生編》

海外はベルギー、香港、オーストラリアからの参加もありました。

講師は笑いヨガインストラクターのひでねぇこと、櫻井英代さんでした。

ひでねぇは原発不明がん余命3か月から6年経過しています。標準治療も養生法もご自身の感性で選択されています。

その中で「笑いヨガ」がどう影響を与えていたか。

また、養生にどう「笑いヨガ」を取り入れていくといいか、

わかりやすく伝えてくれて、本当に素晴らしい講座でした。

押し付けがましくなく、弱いところも見せてくれて、寄り添ってくれるような内容でした。

笑って免疫力を上げる!

というの単純な話ではありません。

笑うということは呼吸でもあり、酸素を取り込むということにも繋がります。

何より、

病気と向き合う中で、落ち込みがちな心をコントロールするのに役立ったそうです。

「笑いヨガ」が自分と向き合うツールになったと。

俯瞰するもう一人の自分がいて、

どん底までいかなくなった、自分を責めなくなった、

そして最後は自分をほめてあげられるようになったそうです。

受講者からの質問がありました。

「経過観察の中、落ち込みそうなメンタルをどうコントロールしたら良いですか?」

ひでねぇは、死ぬ覚悟をし、死ぬ準備をしたそうです。

「残りの人生どう過ごしたい?」

と自問した時、

「笑って過ごしたい」

という答えが返ってきたそうです。

笑って生きるためにどうしたらいいか?

「学生の娘にお弁当を作ってあげたい!」

「そのために39度もある熱を下げたい。がん治らなくてもいいから普通の生活をしたい」

ひでねぇはそんな小さな目標を持ったのです。

がんを治す!という大きな目標ではなく、

人生に立ち向かっていくのではなく、

がんと闘うのではなく、

小さな目標を自分の中で立てたのです。

それは「笑いヨガ」の精神でもある、自分をがっかりさせないこと。

小さな目標をクリアして、自分に喜びを与えていく…。

その積み重ねでいいと受講者に答えられていました。

ひでねぇからのメッセージ。

☆☆☆

無理に笑わなくてもいいんです。 悲しい気持ちを、怒りを笑って誤魔化す必要はないんです。

そんな気持ちでいる自分の味方でいてあげてください。

その上で 少し笑ってみるんです。

口角を上げるだけでも構いません。笑っている人を見ているだけでも構いません。

そうすると悲しい気持ちが少し軽くなるかもしれません。

大切なのは自分の感情を否定しないこと。

自分の感情を否定することは自分自身を否定することになります。

だから 悲しみを笑いで「誤魔化す」必要はない。

自分のよさも、不完全さも、そこに生まれる感情も、すべて受け入れ認めて自分の味方でいることが大切なんです。

ただ 気をつけないといけないのは、

悲しみや怒りの感情にいつまでも浸ってしまうということ。

そうなると、その感情から抜け出すのはとても困難になってきます。

自分自身を受け入れて感情をじゅうぶん味わったあと、必要になるのはそこから抜け出す意識です。

その方法の一つが「笑い」「深呼吸」

このままじゃいけないと無理矢理努力しすぎるのは危険です。

すべての感情を 受け入れた上でそれを手放して笑ってみるんです。

☆☆☆

ぜひ、「笑い」を自分の中にある「治癒力」を発揮させるための「ツール」にしてください。

櫻井英代さんの講座は録画配信しています。内容も素晴らしいけど、その笑顔に元気がもらえます。

詳細⇒https://takamessenge.thebase.in/

櫻井英代さんの登場する『Messenger』52号

櫻井英代さんのホームページ


オンラインビンビン養生セミナー《笑いの養生編》

残り3回セットコースも作りました。

次は2月18日です。2回目以降の講師は、てんつくマン氏(元お笑い芸人)。

以降は昇幹夫氏(医師・日本笑い学会副会長)、樋口強氏(いのちの落語家)です。

本当に笑えます!また3回以上参加されると打ち上げお茶会に参加できます。

お申込み&詳細⇒https://takamessenge.thebase.in/

プロフィールなどの詳細⇒https://ameblo.jp/lifeisstrong/entry-12648971113.html

【第2回】 てんつくマン氏(ヨミガエラセ屋代表・元漫才師) 
2021年2月18日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分

「逆境を乗り越える笑いの力」

吉本興業・お笑いコンビTEAM 0(相方:山崎邦正)として、1991年 第12回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞受賞。

1994年「やりたいことが見つかった」と吉本興業退社。1998年1ヵ月連続毎日フルマラソン(42.195キロ)に挑戦、完走。

その後、たくさんの失敗と挫折を繰り返しながら、逆境を自身の人間力と笑いの力で乗り越えてきた道のりをお伝えします。

☆☆☆

【病院、病室に希望つなぐ講演を届けたい!】

ぜひぜひ応援、よろしくお願いいたします。

3月28日(日)オフライン&オンライン『とにかく元気が出る講演会』
~がん体験者だからこそ伝えられる命のメッセージ~

櫻井英代&船戸崇史&杉浦貴之

クラウドファンディング申請中です。詳細はこちらから観ることができます。
https://camp-fire.jp/projects/380044/preview?token=2y7hfr6z

またこちらがfacebookグループページです。ぜひ仲間になってください~。
https://www.facebook.com/groups/741603573236108/


オンライン養生セミナー《体の養生編》講師、今井美華先生とのコラボセミナーはこちらです。

あと10名、会場参加もできて、美華先生とのリアルエクササイズもあります。

ZOOMでもご参加いただけて、杉浦貴之ライブもあります。

☆会場参加&ZOOM☆2月21日(日)今井美華&杉浦貴之ライブセミナー in 名古屋


「最高のパフォーマンス(能力・美・健康)を引き出すカラダの仕組み」

詳細⇒https://www.taka-messenger.com/diary/imaisemi-taka.html

☆☆☆

【Youtube配信】2月22日(月)杉浦貴之ライブ


3rdアルバム『YELL ~あなたの命が輝きますように~』発売記念!
生配信!CloudMusic Presents OnLine Live 杉浦貴之ライブ ピアノ:鎌田浩史

【ZOOM配信】2月27日(土)小澤綾子と杉浦貴之・本音の本音ぶっちゃけLIVE!

詳細⇒https://www.taka-messenger.com/schedule/2suke.html


『Messenger』57号、たくさんの反響いただいています。

「今まで以上に身近に感じる」「人生を好転させていく言霊にあふれている」「皆さんが特別ではなく、自分も大丈夫だと思えた」「また新たに生きるスイッチが入った」などなど。

今号は不屈の北海道がんサバイバー特集です。

「人は何度でも立ち上がれる ~幾度ものがん再発、転移を乗り越えて~」

幾どもの再発、転移を乗り越えた方、現在向き合っている方の想いです。

身体の凄さ、人の生命力の可能性が詰まっています。

そしてそれはメンタルをどう保つかが大きな鍵になっているように思います。

そこに行きつくために、皆さん出会いを重ねています。

ご注文はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/messenger/messenger57.html

=======

バックナンバーセットも好評です!

マガジン『Messenger』について、カード決済、コンビニ、PayPal、Pay-easy、ドコモ払いなどでお支払できるようになりました。

『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。

中古品『Messenger』を6冊セット1,000円(税込・送料込)で販売しています。

店頭で販売されていて返品されたものなど、傷みの少ないものをオススメ号としてランダムで選んで送ります。

また、新品のバックナンバーセット、定期購読、3枚のアルバムなどもこちらからGETできます。

こちらから⇒https://takamessenge.thebase.in/

☆☆☆

杉浦貴之「命はやわじゃない」メルマガ!

メルマガ登録・解除


新規投稿特典として学校講演CDをプレゼント!

メルマガよりダイレクトで近い距離でメッセージをお届けします。

杉浦貴之LINE公式アカウント

友だち追加

 

 

杉浦貴之・オンライン個人相談「希望の架け橋」

https://takamessenge.thebase.in/items/29785503

●○●○●○●○●○●○●○

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版
http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X
.

アメブロ一覧