MENU

ヒーロー画像

WORKS
記事一覧

ZOOM配信!1月27日(水)遠藤聡哲&杉浦貴之トークライブ

日記

「自然の中の偉大な力に治癒を求めて」

☆『Messenger』公開インタビュー☆

ZOOM配信!

2021年1月27日(水)遠藤聡哲&杉浦貴之トークライブ

「自然の中の偉大な力に治癒を求めて」

自然療法を基本に、自由が丘で鍼灸院、八ヶ岳で往診治療をされている、遠藤聡哲先生に、

『Messenger』編集長の杉浦貴之が公開インタビューします。

昨年の聡哲先生の養生セミナーは大好評で、先生の講座に参加されたり、教えていただいた養生法を実践されたりする方が相次ぎました。

満を持して、3月発行予定の『Messenger』58号に登場していただきます。

掲載記事の公開インタビューです。

鍼灸に加え、びわの葉温灸や生姜湿布 里芋パスタといった“自然療法のお手当て”、

エドガー・ケイシー療法、アロマオイルテラピー 、 バッチフラワーレメディーなどで主に植物による養生法を実践されています。

食事療法のコツ、自然療法の仕組み、自然療法で回復された方の事例などを伝えていただきます。

なおかつ、お声がとっても素敵です!

今回はZOOMですので、皆様からのご質問も可能です。

『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。
詳細 ⇒ https://www.taka-messenger.com/category/messenger

☆日時☆ 2021年1月27日(水)20:00~21:30

☆料金☆
一般 2,000円 定期購読者 1,000円

後日動画と『Messenger』58号をプレゼントします。定期購読者の方は他のNo.でも大丈夫です。

☆お申込み☆
【一般参加】 https://takamessenge.thebase.in/items/38877942
【定期購読者】https://takamessenge.thebase.in/items/38877946

※お申込みシステムに不明な点があればこちらお問合せ下さい。また、決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。

最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。

それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。

☆お問合せ☆
i_wakui@yahoo.co.jp
080-4110-7342(涌井)

☆お振込先(お申込みがうまくできなかった場合)☆

〈郵便局からのお振込みの方〉
01730-7-95823
【名義】メッセンジャー

〈他金融機関からのお振込みの方〉
【銀行名】ゆうちょ銀行
【 店名】一七九(イチナナキュウ) 
【店番】179
【預金種目】当座 
【口座番号】0095823

【名義】メッセンジャー

☆主催☆ メッセンジャー事務局

遠藤聡哲氏(鍼灸師)
1961年 東京都目黒区自由が丘生まれ。1983年 慶応義塾大学商学部卒業。1999年 日本鍼灸理療専門学校卒業、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師資格取得。東京巣鴨の病院で数多くのがん患者さんへの施術を経験する。『自然療法』著者、東城百合子先生に玄米採食ほかを学ぶ。2002年 聡哲鍼灸院(そうてつしんきゅういん)を現地に開業し今に至る。びわの葉温灸や生姜湿布、里芋パスタといった“自然療法のお手当て”に加え、エドガー・ケイシー療法、アロマオイルテラピー、バッチフラワーレメディーなど主に植物による「身体と心の養生法」を伝えている。
聡哲鍼灸院⇒https://soutetsu.com/

杉浦貴之
1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。

アメブロ一覧