MENU

ヒーロー画像

WORKS
記事一覧

【学校講演の感想】

日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は今まで何度も、何度も、「もういやだ、消えたい」と思ったことがあります。だけど、杉浦さんの歌と話を聞いて、

「皆、命懸けで私を生かしてくれているんだ。『消えたい』なんて考えるんじゃなくて、前を向いて生きていこう」

と思えました。

苦しいとき、辛いとき、いつも支えてくれる人たちがいてくれて本当に良かったと感じました。もし杉浦さんに会えてなかったら、前を向いて生きていこうと思えなかったかもしれません。だから本当に感謝したいと思います。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

杉浦さんが歌ってくれた『大丈夫だよ』を聴いて、突然、涙が出てしまい、びっくりしました。でも、涙が流れた途端、今までの不安や悩みがすっと頭からなくなったような気がしました。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嫌なことがたくさんあって、死んでしまいたいと思ったこともあるけど、講演を聴いて「もっとがんばろう!」と思えました。10年、20年後もきっと、嫌なことはたくさんあると思うけど、「生きているだけで価値がある」と思えたら、今も、未来もきっとがんばれると思いました。(中学2年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は最近になって「死」について深く考えるようになりました。昔は人に向かって「死ね」などという言葉を軽い気持ちで使ってしまっていました。お母さんを始め、たくさんの人が命懸けで生んでくれた命なのに。病気の人が懸命に生きようとがんばっているのに・・・。

今日の講演を聴き、改めて「命の尊さ」を考えました。最近、いろいろな場面で自ら命を絶ってしまうニュースを聞きます。私は絶対に自ら命を絶つようなことはしません。本当に辛いときでも必ず支えてくれる人がいると信じています。また、周りに悩んでいる人がいたら、少しでもその人の力になれるように手を差し伸べたいです。

私は将来の夢を親に話せません。反対されるとわかっているからです。でも、それは自分で限界を決めていると気づきました。勇気を出して話して、もし反対されても自分がどれだけ本気かを伝えて絶対に将来の夢を叶えてみせます。今日の講演を聴いて、私は変わりました。(中学1年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「未来はまだ来ていない」の言葉を聞いた時、自分で勝手に自分の未来はこうなるだろうと決めつけていて、自分の力を最大限にだせていないことにきづきました。今いるこのときを思いっきり楽しもう、そして、自分の可能性を信じようと思いました。これからも未来に希望を持ち続けていきたいと思いました。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演を聴いて自分の悩んでいたことがバカバカしくなりました。大事な場面での失敗や後悔、消えることはないけどずっと引きずっていたので少し楽になりました。マイナスをプラスに変えることは簡単そうだけど難しいが、マイナスだと自分にとっても周りの人にとっても良いことはないのでプラスに変えられるようになりたいと思います。今日のお話は私にとってタイムリーなことでとても心に響きました。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、自分が好きになれなくて一つ失敗すると落ち込んで自分を責めていました。失敗することがすごく怖くてトラウマになっていました。しかし、失敗してもポジティブに失敗を失敗と捉えなければすごく明るく輝いた世界になるんだと知ることができました。そんなに失敗を恐れないで、自分を責めないでいいんだと思いました。これからは失敗しそうだからと諦めてしまったことや過去に失敗したことでも恐れずに挑戦していきたいです。そして、もし、失敗したらプラスな考え方でどんどん良いことを重ねていきたいです。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「限界を自分で決めるな」という言葉が心に刺さりました。「自分には無理」「自分にはできないだろう」と決めつけていました。「私が行動したところで何も変わらない」という考え方をやめ「私は行動することができる」と今の自分を大切にしようと思いました。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

失敗をマイナスではなくプラスに変えるのは相当すごいことだと思いました。でも、そうすることで何にでも挑戦できるし人生が楽しそうだと思いました。私もそんなプラスに考えられる人になりたい。毎日を精一杯生きたいと思うようになりました。今回の講演で沢山の素晴らしいことに気がつけたと思います。(3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、全てをネガティブに考えてしまい更に不安になり、思ったことも言えず全部自分で抱え込んで自分一人で解決しようとしていたので、悩んでいる時はとても辛かったです。だから、ポジティブに生きられるのがすごくうらやましいと思いました。なので、今日の講演を聴いて少しずつ努力しようと思いました。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演を聴いて、今ある命を大切にし大、変なことが多くても前向きに進んでいこうと考えました。今年はコロナウイルスの影響で中学3年という大切な年なのに、休校になったり、大会や行事が縮小され下を向いてしまっていました。しかし、「マイナスからプラスへ」の言葉を聞き、上を向いて前向きに考えてみようと思いました。こんな時だからこそプラスになることを考え、これから待っている受験を乗り越えていきます。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、親のことをウザいと思ったり、親が今いる意味あるのかなと正直思ってしまうことがあります。でも、講演を聴いて、親は子どもが生きているだけでうれしいという気持ちがあると聞きそんなことを思ってはいけないと思いました。どれだけ大変な思いをして自分を生んで育ててくれたかそれをなんとなく理解できました。(中学3年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

諦めないことの大切さを学びました。何があっても諦めず希望や夢を持ち続けることが、逆境を乗り越えるのには必要なことなんだなと思いました。(中学3年男子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絶望から自分の夢を目指し叶えるために努力を続けた事がすごいと思いました。もちろん周りの人の支えがあってこそだと思いますが、やはり自分で何かを起こさない限り何も変わらないと思いました。(中学3年男子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きていることはすごいことだ」と改めて感じました。私は数日前病気になり、寝られなくて明日は死んでしまうかも知れないと思ったことがありました。いつ終わるかなど全くわからないし大切な命を自分で守っていきたいと思いました。歌の中の「何をしてもいい。何でも良い。ただし死なないで、絶対死なないで。それが死者からの遺言」というフレーズが心に響きました。自分の人生を自分で奪うことのない人生を送りたいと思います。(中学3年男子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕は今まで「生きる」とは自分のためだけに行うものだと考えていました。しかし、生きるとは自分のためだけでないことを講演で知りました。誰かが気にかけてくれているから生きられるのだと思います。これからは自分の行動に責任を持ち感謝しながら生きていきたいと思いました。(中学3年男子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「病気だから夢を持ってはいけないわけがない」の言葉が心に残っています。いつも夢を持つことは、それに向かって頑張れるのだとわかりました。私は夢を持ってこれからも前を向いて生きたいです。(中学2年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、今まで失敗が怖くてなかなか殻が破れませんでした。「失敗するくらいなら今のままで良い」と自分で自分の可能性にふたをしていました。でも、講演を聴いて、ふたを外すと可能性が無限大になる。そして、失敗しても恥ずかしいことではない。

失敗を通して得られることも沢山ある事を学べて、今の自分ももっと変われる、もっと可能性があると少し希望を持つことができました。何年かかるかわからないけれど、私も杉浦さんのように、自分が持っている夢を追い続けて、いつか必ず達成したいと思いました。その夢のためなら殻も破ろう!失敗だって怖くない!と強く思えました。(中学2年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演の中で一番印象に残ったのは、「病気になった後の方が幸せを感じるようになった」ということです。確かに病気になる前と後では命の重みの感じ方が違うかもしれないです。けれど、それをメリットだと思える杉浦さんは数々の困難を乗り越えてきたから強い心を持てたのだと思います。私も杉浦さんのように強い心を持ち、人のために行動ができる人を目指そうと思いました。(中学2年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きているだけで価値がある」自分を勇気づけてくれる魔法の言葉でした。自分を認めてくれるこの言葉は本当に大好きです。自分だけじゃ乗り越えられない高い壁も、大事な人や自分を信じてくれる人となら乗り越えられると思ったので、周りの人とフォローし合いながら頑張って生きていこうと思いました。(2年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はよく自分は独りなんだと思うことがあります。けれど講演を聴いて私は沢山の人に支えられていることを改めて感じたし、生きているだけだうれしいと思ってくれているのかなと思ったら気持ちが楽になりました。また、挑戦しない後悔はしたくないので失敗しても良いから挑戦できる人になっていきたいです。(中学2年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近私は辛い時や逃げたくなる時があります。でも、講演を聴いて「生きているだけで誰かが幸せなんだ」の言葉に元気が出ました。前を向けないときも沢山あります。でも、マイナスをプラスに変え、失敗したときもプラスに考えたいです。「大丈夫だよ」の歌で励まされ、元気をもらいました。(中学1年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きているのが当たり前なのではなく、今生きていることは奇跡なんだ」と思いました。両親からもらったたった一つの命をこれからも大切にしていきたいと思います。(中学1年女子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイナスをプラスに変える。生きているだけで価値があるなどを学び、自分の中の考え方が変わりました。生きていることが当たり前だと思っていたが「生きている」と言うことはとても価値があり、ありがたいことだと気づき、自分に少し自信が持てるようになりました。(中学1年男子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この夢は自分には叶えられない」「自分の限界はここまでだ」などと甘い考えで、何もかも切り捨てる行いは、人生において損をするのだなと思いました。確かに夢はあってもどんなに頑張っても叶わないかもしれない。でも、「努力をすることに意味があるから、決して無駄にはならない」という杉浦さんの言葉を大事にしたいと思いました。(1年男子)

アメブロ一覧