MENU

ヒーロー画像

WORKS
記事一覧

昇幹夫先生語録【「体にいい人」と「体に悪い人」しかいないんです】

日記

\病院、病室に希望つなぐ講演を届けたい!/

3月28日(日)オフライン&オンライン『とにかく元気が出る講演会』 ~がん体験者だからこそ伝えられる命のメッセージ~

クラウドファンディングでは43名、振込みでもご支援、ありがとうございます。 残り36日、目標まではまだ道のりがあります。応援どうぞよろしくお願いします。

\病院、病室に希望つなぐ講演を届けたい!/ 3月28日(日)オフライン&オンライン『とにかく元気が出る講演会』 ~がん体験者だからこそ伝えられる命のメッセージ~

https://camp-fire.jp/projects/view/380044

お振込みなどの詳細⇒https://www.taka-messenger.com/diary/gannao.html

【「体にいい人」と「体に悪い人」しかいないんです】

先日ご紹介した昇幹夫先生の生き方の極意です。

昨日の投稿⇒https://www.taka-messenger.com/diary/warainobori.html

昇先生語録です。

☆☆☆

みんなわかっていてもやりたいことを先延ばしにしている。

自分はまだ縁がないと、今の自分では無理だと・・・。

それであっという間に「すぐそこやで」となってしまう。

残された時間を日にちで計算したら、私が70歳なので、

一応、平均寿命の80歳まで4000日ちょっと。

もう2万5000日つぶしたことになります。

3分の1は寝ているから、

残りは2800日。

そうなってくると、もうストレスになるようなことを私は一切しない。

じゃあ、何が一番ストレスか。

人間関係ですよ。

残されたわずかな大事な時間、自分のまわりにいる人とどうやって生きるか。

まわりの人を2つに分けると、

「体にいい人」

「体に悪い人」

しかいないんです。

もう時間がないとわかったら、できるだけ「体にいい人」と楽しい思い出をいっぱい作って、

やっぱり

「ああ、人生面白かった、じゃあね」

がいい。

死ぬときに日本人の場合8割近くが「こんなはずじゃなかった」と後悔するらしいです。

「いつかいい日が来るからね」と言って我慢しているとして、

「その内いつかね」というのは誰もそれを保証しないのよね。

「その内いつかね」

「いつかっていつですか?」

「いつか(5日)はよっか(4日)の次です」という話ですよ(笑)。

だから、どう生きるかなんて実にシンプルなんです。

☆☆☆

昇先生のセミナー自体、たくさん笑えます!遺伝子スイッチオンセミナーです。

昇先生の登場している『Messenger』52号⇒https://www.taka-messenger.com/messenger/7083.html

☆☆☆

オンラインビンビン養生セミナー《笑いの養生編》

残り2回セットコースも作りました。

次は3月4日です。

講師は昇幹夫氏(医師・日本笑い学会副会長)です。

「素晴らしき哉、笑い多き人生」

日本笑い学会副会長(『笑いと健康』の部門を担当)として「笑い」の医学的効用を研究。

『笑い』の効能が科学的に実証された事実をお伝えします。

笑いっぱなしの時間になると思います。

ラストは樋口強氏(いのちの落語家)です。

お申込み&詳細⇒https://takamessenge.thebase.in/

プロフィールなどの詳細⇒
https://www.taka-messenger.com/schedule/binbinwarai.html

☆Youtube配信!がんサバイバートークライブ☆

セレンクリニック名古屋の小林正学先生の協賛による配信です。

3月10日(水)生存率0%から生還・がんサバイバー対談「善本考香&杉浦貴之」

杉浦貴之ミニライブ付き!

『大丈夫!命はやわじゃない』

話題のclubhouseでがんサバイバーの善本考香(よしもととしか)さんと繋がり、

Youtube配信でトークライブを配信します!

clubhouseでのトークライブが大好評で、リクエストにお応えしての開催です。

善本考香さんは、子宮頸がん5度の再発、全身転移、生存率0%余命3か月から生還されています。

2年生存率0%の希少がんから21年経過した杉浦貴之とのガチンコ対談!

〇復活のカギとなった出会いとは?

〇生きる力を引き出した考え方、メンタルとは?

〇病院、ドクターとのコミュニケーションをどう図り、どう最善の方法を選択していけたのか?

〇治るチャンスの掴み方、活かし方とは?

〇患者会への想い、チームメッセンジャーへの想い

〇医療コーディネーターって何?医療と患者の橋渡しとして、がんサバイバーにできることは?

などなど!

現在、NPO法人Smile Girls代表理事、日本医療コーディネーター協会パートナー。

著書は『このまま死んでる場合じゃない』(講談社)

がん患者、経験者が笑顔で輝いていける場所、寄り添ってほしい人、寄り添いたい人、ご縁を結ぶ場所を作るために奔走されています。ぜひ繋がってほしいです~!

☆日時☆ 2021年3月10日(水)20:00~21:30

☆料金☆
無料

☆配信アドレス☆Youtubeで配信します。
https://youtu.be/r2jtrPeAG-Y
(チャンネル登録していただき、リマインダー設定するとお知らせが届きます)

善本考香さんのブログ⇒https://profile.ameba.jp/ameba/sight-love-ove/

プロフィールなどの詳細⇒https://www.taka-messenger.com/diary/toshikasan.html

===========

3月13日(土)Youtube配信!

東日本大震災から10年~ オンライン・トークライブ

「東北へ繋げる心の輪っか」

稲田貴久&若渚&杉浦貴之

詳細⇒https://www.taka-messenger.com/schedule/3suke.html

☆☆☆

【病院、病室に希望つなぐ講演を届けたい!】

3月28日(日)オフライン&オンライン『とにかく元気が出る講演会』
~がん体験者だからこそ伝えられる命のメッセージ~

櫻井英代&船戸崇史&杉浦貴之

クラウドファンディングで1口1000円から支援を募っています。

応援、シェアしていただけたら嬉しいです。

詳細はこちらです⇒https://camp-fire.jp/projects/view/380044

☆☆☆

【Youtube配信】2月22日(月)杉浦貴之ライブ


3rdアルバム『YELL ~あなたの命が輝きますように~』発売記念!


アーカイブは残っています!


『Messenger』57号、たくさんの反響いただいています。

「今まで以上に身近に感じる」「人生を好転させていく言霊にあふれている」「皆さんが特別ではなく、自分も大丈夫だと思えた」「また新たに生きるスイッチが入った」などなど。

今号は不屈の北海道がんサバイバー特集です。

「人は何度でも立ち上がれる ~幾度ものがん再発、転移を乗り越えて~」

幾どもの再発、転移を乗り越えた方、現在向き合っている方の想いです。

身体の凄さ、人の生命力の可能性が詰まっています。

そしてそれはメンタルをどう保つかが大きな鍵になっているように思います。

そこに行きつくために、皆さん出会いを重ねています。

ご注文はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/messenger/messenger57.html

=======

バックナンバーセットも好評です!

マガジン『Messenger』について、カード決済、コンビニ、PayPal、Pay-easy、ドコモ払いなどでお支払できるようになりました。

『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。

中古品『Messenger』を6冊セット1,000円(税込・送料込)で販売しています。

店頭で販売されていて返品されたものなど、傷みの少ないものをオススメ号としてランダムで選んで送ります。

また、新品のバックナンバーセット、定期購読、3枚のアルバムなどもこちらからGETできます。

こちらから⇒https://takamessenge.thebase.in/

メルマガ登録・解除
新規投稿特典として学校講演CDをプレゼント!

杉浦貴之LINE公式アカウント

友だち追加

 

杉浦貴之・オンライン個人相談「希望の架け橋」

https://takamessenge.thebase.in/items/29785503

●○●○●○●○●○●○●○

『命はそんなにやわじゃない』かんき出版
http://www.amazon.co.jp/dp/476126800X
.

アメブロ一覧